コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  【東京】石畳の路地裏へ。神楽坂でしたい9つのこと

【東京】石畳の路地裏へ。神楽坂でしたい9つのこと

by DiGJAPAN!

更新日:2017年5月31日

東京都新宿区にある神楽坂。細い路地がまるで迷路のように延びていて、大通りから少し奥に入ると雰囲気のすてきな石畳の道が続きます。神楽坂は昔は花街だった歴史がありますが、今では大人の雰囲気と魅力的なお店で人気の高いお散歩エリアとなっています。

神楽坂は第二次世界大戦中にその多くが焼失しましたが、その後、この辺に住んでいたフランス人をはじめとするヨーロッパの人々により活性化されることとなりました。そうした歴史から、ヨーロッパと日本の雰囲気が共存するエリアとして多くの人に愛されている街です。

神楽坂エリアへは、JR飯田橋駅から地下鉄東西線神楽坂駅に向かって長い坂道になっています。はじめて神楽坂に行く方は、JR飯田橋駅の近くにある牛込橋から歩きはじめるのがおすすめです。

神楽坂通りは毎日12時~13時、日・祝日12時~19時歩行者専用になっています。
それでは、神楽坂をたのしむ9つのポイントをご紹介しましょう。

1.カナルカフェで水辺を眺めてリラックス

「カナルカフェ」はJRの線路に沿ったお堀に面する水辺のカフェです。季節ごとに植物や動物などの自然をたのしむことができますが、何といっても人気なのは桜の季節です。テラス席からの水辺と桜の眺めは最高です。30分/600円でボートを借りることもできます。

カナルカフェ | CANAL CAFE
住所: 東京都新宿区神楽坂1-9
営業時間:月~土11:30-23:00 日祝日11:30-21:30

2.ふっくらジューシー!手づくり肉まんを食べ歩き

神楽坂の老舗として有名な「五十番」。ふっくらとした皮とジューシー具の組み合わせが絶妙な手作り肉まんは、神楽坂の名物になっています。

プレーンな肉まんの他に、椎茸、モッツァレラチーズ、あんまんなどもあります。お好みの味を選んでくださいね。

五十番神楽坂本店
住所:東京都新宿区神楽坂4-4-3
営業時間:平日11:30-22:00 土日祝日11:30-21:00

3.毘沙門天にお参りする

神楽坂を登る途中、左手に朱塗りのお寺があります。1595年に創立された毘沙門天善国寺で、神楽坂のシンボル的存在のお寺です。ここは春になると本堂横にある藤が咲き、朱塗りの本殿と紫の藤の花がとても美しいです。

毘沙門天 善國寺
住所:東京都新宿区神楽坂5-36

4.レトロな古民家でおやつの時間

「マンヂウカフェ mugimaru2」は、レトロな雰囲気がただよう古民家をを改造したカフェ。オーナーが生地から作るまんじゅうは、やさしい甘さが特徴です。わかりにくい場所にあるので、見逃さないでくださいね。

店内は昔ながらの日本の民家のような雰囲気で、ゆったりとした気分でくつろげます。

まんじゅうはいろんな味がありますが、私が試してみたのは「白地にチーズ」、「チョコまん」、そして「アールグレイ入り生地にシナモン粒あん」。そして、このカフェには猫もいるんですよ!

マンヂウカフェ mugimaru2
住所:東京都新宿区神楽坂5-20
営業時間:12:00-21:00
定休日:水曜

5.神楽坂煎餅を焼いてみる

「神楽坂地蔵屋」は昔ながらの作り方にこだわっている、おせんべいのお店。1枚1枚愛情をこめて丁寧に焼いたおせんべいが自慢です。

そして、このお店では手焼煎餅体験もやっているんです!職人さんは写真のように炭で焼きますが、手焼煎餅体験は子どもでも安心して焼けるように電磁器で焼きます。

神楽坂 地蔵屋 神楽坂通り店
住所:東京都新宿区神楽坂6-8
営業時間:11:00-19:00
定休日:夏季休暇・年末年始・研修日

6.和菓子作りの技にふれる

「梅花亭」は和菓子の専門店。お店の中は手作りと無添加にこだわった、季節感あるお菓子がいっぱい!どれにしようか迷ってしまいます。

梅花亭の一番人気「浮き雲」。二番人気は「鮎の天ぷら」。

店舗では和菓子職人さんが実際に和菓子を作っている作業を見ることができます。

梅花亭
住所:東京都新宿区神楽坂6-15
営業時間:10:00-20:00

7.現代的でクールな赤城神社に参拝

神楽坂駅の近くにある「赤城神社」は、700年にわたりこの地を見守ってきた神社ですが、2010年に再建されとてもモダンな雰囲気の神社になりました。

桜の季節は本当に美しいのでおすすめです。参拝のあとにひと息つける「あかぎカフェ」もあります。

赤城神社
住所:新宿区赤城元町1-10

8.石畳の路地を歩く

神楽坂で有名な風景といえば、なんといっても石畳の路地裏ですよね。毘沙門天善国寺の向かい側の狭い路地に入ると、落ち着いた雰囲気の路地裏の世界が待っています。

いかにも神楽坂らしい黒塀と石畳の風景です。左に神楽坂に出ているのが、料亭「神楽坂 幸本」の看板です。

9.本多横丁でランチする

お腹が空いたら本多横丁がお店選びに便利です。フレンチ、イタリアン、中華、和食など、いろんなジャンルのお店が並びます。お好きなお店でランチしてくださいね。

黒塀と石畳が素敵な雰囲気の神楽坂さんぽ、いかがでしたでしょうか。古くて新しい、日本風であり外国の要素もある不思議なエリアです。ぜひ、神楽坂の魅力を探してみてくださいね。

執筆兼翻訳者 Laura
東京在住のイタリア人。ガイドブックに載っていない穴場スポットを探したり写真を撮ること、そして音楽はパンク・ロックが大好きです。お酒を飲んだり、三線を弾くことも好きです。

※この記事の出典元は「ザクザク深掘り ニッポン旅ガイドDiGJAPAN!」です。掲載した内容は、2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。

※表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

筆者:DiGJAPAN!

エリア

 >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×