「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【東京】東京新スポット!森ビルとチームラボによる新感覚デジタルアート美術館がお台場にオープン

【東京】東京新スポット!森ビルとチームラボによる新感覚デジタルアート美術館がお台場にオープン

【東京】東京新スポット!森ビルとチームラボによる新感覚デジタルアート美術館がお台場にオープン

by まっぷるリンク おでかけ編集部

更新日:2018年7月13日

芸術とテクノロジーが融合した、美しいアート作品を国内外に展開しているデジタルアート集団『チームラボ』。そのチームラボが森ビルとタッグを組み、世界に類を見ない全く新しいミュージアムが、2018年の夏・6月21日にお台場でオープンしました。

その名も「MORI Building DIGITALART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(チームラボボーダレス)」。自分も作品の中に溶け込んでしまうような、体感型の新アートをさっそく見に行きましょう。

観覧車の下がアート世界への入り口

teamLab Borderlessは東京の人気観光エリアであるお台場パレットタウン内にあります。

パレットタウンの正面エスカレーターを昇ると、詳細な案内表示があり迷わず進むことができました。

メガウェブの連絡通路を通った先、赤い観覧車の下にtemaLab Borderlessの入口が。

"Borderless"をコンセプトにした新感覚ミュージアム

この国内初のチームラボ常設展示は、520台のコンピューターと、470台のプロジェクターを駆使して創られた、複雑で立体的な空間作品が特徴です。
10,000㎡の広さを持つ施設内には、約50作品が展示されており約2~3時間ほどで見て回る事ができます。

作品名:花の森、埋もれ失いそして生まれる

作品名:Light Vortex Ⅱ

作品名:追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして浮遊する巣

さっそく入場!展示ゾーンに入った最初の空間で立ち止まってみると、なんと体にさなぎが現れました。

さなぎたちは次々と孵化して、色とりどりの蝶になり辺りを飛び回ります。最新のデジタルアートを早くも体感。

ほかにも、幻想的な世界に迷い込んだような様々な展示を見る事ができます。

この施設の名前に付けられている”Borderless(ボーダレス)”の言葉には『作品同士の境界が無い』こと、『作品と観覧者の境界をなくす』ことなどの意味がこめられているそう。

その意味を体感するべく、さらに奥に進んでみます!

作品名:花の森で生まれ、花と共に生きる動物たち

境界の無いアート作品達

広い展示施設の通路の壁面では、美しい花々とともに多くのいきものが練り歩いています。
作品空間に入ったり、出て行ったりと常に移動を続けるこの作品たち。実は互いに信号を送って連絡を取り合い、空いている部屋に自然と向かっていくのだそう。

境界の無いアート作品達

また、いきものたちの行列のほか、ときおり通路の壁面を輝くカラスが光の尾を残しながら飛んでいきます。

このカラスがたまたま見ていた作品ゾーンに入り込み、特別な演出がはじまりました。

平面に映し出された映像にも関わらず、自分もカラスと一緒に空間を飛んでいるような浮遊感を感じました!独特な没入感に感動。

作品同士が時に混ざりあったりと、展示ゾーンが分かれてはいるものの、作品間の境界を感じさせない仕掛けが目白押しでした。

筆者:まっぷるリンク おでかけ編集部

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×