コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  江の島のお土産はこれで決まり!老舗和菓子屋『扇屋』の「江ノ電もなか」

江の島のお土産はこれで決まり!老舗和菓子屋『扇屋』の「江ノ電もなか」

by mapple_link

更新日:2018年7月10日

江の島の定番お土産といえばこちら。江ノ電をモチーフにした「江ノ電もなか」は、江ノ島駅の近くにある老舗和菓子屋『扇屋』(おうぎや)が販売しています。もなかはもちろん、江ノ電が顔を覗かせるインパクトのある店構えも魅力的。江の島に足を運んだ際はぜひ一度訪れるべきお店です。

江ノ電の車両がそのまま店舗に

天保年間の創業より続く『扇屋』は、湘南の地に根付いた有名な老舗和菓子屋。店頭には平成2年(1990年)まで走っていた江ノ電600形が設置され、窓の向こうには銘菓「江ノ電もなか」を作る様子が伺えます。

ほっこりと、素朴でやさしい味わい「江ノ電もなか」

神奈川県指定銘菓に認定される『扇屋』の「江ノ電もなか」は、1個130円で販売されています。お土産として購入するなら、全5種類×2個ずつの10個詰め合わせ(税込1,300円)がオススメ。

包装紙や箱には「江ノ電」路線図と沿線観光スポットのイラスト付き。箱に描かれた小窓からは、「鎌倉」と「江ノ島」の文字が覗きます。江ノ電の車両をイメージした個包装には種類ごとに、異なる湘南の景色と切符がデザインされていて、レトロな感じがとってもかわいい!

新車(ゆず餡)の窓から大仏様が顔を覗かせています

箱の中には店主からのお手紙も入っています。味の違いを車両に例えるという、遊び心の効いた説明が面白いですね。お土産を配る際、このお手紙をきっかけに会話も弾むこと間違いなし!

もなかの表面には「えのでん」と刻印されています。外側はパリッとして、餡はしっとり、素朴でやさしい味にほっこりします。5種類それぞれに違う味わいで、どれも美味しく味わうことができます。

江ノ電もなかを買う際は、江ノ電車両が目印!

『扇屋』は店舗に設置される江ノ電車両が目印で、江ノ島駅から徒歩3分ほど。江の島に行った際にはぜひ、湘南の想い出として「江ノ電もなか」を持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

扇屋(おうぎや)

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目6-7
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
電話:0466-22-3430

※掲載した内容は、2018年7月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。

※表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

筆者:mapple_link

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×
×