コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【東京】おしゃべり禁止!?渋谷の名喫茶『名曲喫茶ライオン』で音楽と珈琲だけの時間を楽しもう

【東京】おしゃべり禁止!?渋谷の名喫茶『名曲喫茶ライオン』で音楽と珈琲だけの時間を楽しもう

by まっぷるリンク おでかけ編集部

更新日:2018年9月21日

東京には、昭和レトロ好き垂涎の、隠れレトロ名喫茶がたくさん。
その中でも今回、おでかけ編集部は、東京・渋谷になんと全席『私語禁止』の喫茶店があるとの情報を入手!

そこでは、店内にある巨大な3Dスピーカーからレコードの音が流れ、美しく響く音楽に体ごと浸かるような、
他とはまったく雰囲気の違う特別な喫茶体験ができるとのこと…

それにしても『私語禁止』とは一体どんなお店なのか…一度訪れたら忘れられないような喫茶店体験になるに違いないと、早速現地へ。

向かう先は、東京・渋谷の道玄坂の途中、細い路地に入った先にある『名曲喫茶ライオン』です。

1926年(昭和元年)の創業以来、店内に流れるクラシックの音色とモダンな雰囲気で、多くの人を魅了してきました。
およそ90年の歴史を歩んできたこの『ライオン』を愛する多くの人が、足しげく通うそう。

さっそく入店してみましょう!

初代店長の山寺弥之助(やまでら やのすけ)さん直筆の『名曲喫茶ライオン』の文字が、お客様を日々迎えます

まるでお城のような重厚感が目を引く外観

『営業中』の札を確認

レトロな青白い蛍光灯が落ち着いた雰囲気を演出しています

レトロ好きにはたまらない、昭和の面影をそのまま残す店内に感動!

奥に見えるのは…現役で稼働中の巨大な3Dスピーカーです。
技師特注の特別製で、この大きさは都内でも普段なかなか見かけないのではないでしょうか。
60年前に設置されたという年季の入った一品ですが、レコードならではの味わい深い音を、今なお美しく奏でています。

スピーカーの元にそっと立てかけられた、レコードのジャケットは、今何の曲が流れているかが分かるようにというお店の心遣い。

店内の180席は、このスピーカーに向かうように設置されていて、それはまるで小さなコンサートホールのよう。どの席に座っても音を正面から楽しむことができて、お店のつくりそのものが『音楽を楽しむ喫茶店』という事を物語るかのようです。

1階から2階にわたり鎮座する、3mを超す3Dスピーカー

普段なかなか聞けないレコードの生音を楽しめます

5000枚以上もの所蔵レコード。CDも相当数並んでいます。

分類され綺麗に並べられたレコードたち

スピーカーに向かって設置された席

すべての席で、音を正面から楽しめるように設置されています

編集部を出迎えてくださった、三代目店主の石原圭子さんにお話を伺うと、

「昭和元年、パパさん(初代店主・山寺弥之助(やまでら やのすけ)さん)が24歳のときに開いたのがこの『名曲喫茶ライオン』です。

特別専門的な勉強をしたことは無かったそうですが、パパさんは外装・内装店内装飾のほか、音響設備パンフレットのデザインまで、すべて自分の手によってデザインして作り上げました
お店だけじゃなく、自宅の鯉の池まで手作りしちゃうくらい!創造力にあふれる器用な方でした。

一度は戦火で失われてしまったものの、今のお店は戦後・昭和25年に、同じくパパさんの手によって再建されたものなんですよ。」

再建後は詰襟を着た学生さんやカップル、音楽を楽しむご老人など、たくさんの人がここライオンで昭和の時代を過ごしたそう。まるでその当時のようすが目に浮かぶかのような石原さんの語りに聞き入りました。

朗らかな笑顔で迎えてくださった、三代目店主の石原圭子さん

店内後方には初代店主・山寺弥之助さんのお写真が

お店に入ってすぐ目の前に現れるライオンの装飾もなんと手作り!

パンフレットのデザインまでも手掛けていたそう

「お店は『私語禁止』ではなくって、『大きな声での歓談』や『写真・ビデオの撮影』を遠慮してもらっているくらいです。あまり堅く考えずに、のんびりと音楽を楽しんでくださいね。」

お話を聞いて、なんだ~そういうことだったのか…とほっと安心。
あえて大きな声でのおしゃべり禁止と明言していますが、自然と自ら口を閉じて静かに音楽を楽しんでしまう、そんな雰囲気があります。

そんな素敵な『ライオン』を最大限楽しむためには、音の響きが最も美しい2階席に座るのがおすすめとのこと。早速上がってみましょう。

手書きの2階への案内板が目印

足元に気をつけてゆっくりと上がります

2階は吹き抜けが良く見え開放感があります

スピーカーに向かって並ぶ席。2名掛けソファ席もあります。

2階後方の本は自由に閲覧可能。中にはお客様が置いて行った寄贈本も。

2階から見下ろすスピーカーも迫力抜群

お腹のあたりから音が湧き上がってくるような、2階中央最前列の音響に酔いしれます。

音楽のお供にお待ちかねの飲み物を注文。
イギリス・ロンドンの「ライオン・ベーカリー」という喫茶店直伝の“ホットコーヒー”(550円)と、クラシカルな佇まいの“クリームソーダ”(720円)。
ライオンに訪れたら、ぜひご賞味いただきたい美味しい一品です。

また、名曲喫茶ライオンでは、毎日15時と19時に【定時コンサート】を開催
月ごとに組まれたプログラムの通り、クラシック音楽を流す時間で、プログラムには楽団から指揮者の名前まで丁寧に記載されています。

さらには、【曲のリクエスト】も可能!自前のCDやレコードなど、音源を持参すれば1人1曲まで受け付けしてもらえます。
音源を持っていない場合は好きな作曲家や曲名を伝えてもOK。店内のレコードやCDから見繕ってもらえます。自分のお気に入りの一曲が流れる、特別な時間を味わってみてくださいね。

名曲喫茶ライオン』、いかがでしたか?
扉を開ければまるで別世界。外の喧噪からそこだけ切り取られたような特別な空間でひとときを過ごせば、どこか満ち足りた気持ちになること間違いなし!

ひとり集中して自分の時間を過ごしたい方、逆に何も考えずにただその時間に浸かっていたい方にもおすすめです。
作り手の思いを随所に感じるこの歴史深い名喫茶に、ぜひ一度、訪れてみてくださいね。

名曲喫茶ライオン
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19-13(MAP
営業時間:11:00~22:30(ラストオーダー22:20)
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

掲載した内容は、2018年9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

筆者:まっぷるリンク おでかけ編集部

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×
×