「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【北海道】冬の北海道を楽しもう! “流氷”をイメージした網走グルメをご紹介

【北海道】冬の北海道を楽しもう! “流氷”をイメージした網走グルメをご紹介

【北海道】冬の北海道を楽しもう! “流氷”をイメージした網走グルメをご紹介

by DiGJAPAN!

更新日:2018年11月30日

冬の北海道で、雪景色を思い浮かべる方も多いと思いますが、一生に一度は見てみたい名物・流氷も外せません!

北海道で流氷が見られるのは道東地方、オホーツク海沿岸にある網走、紋別、斜里、羅臼の4都市だけ

各エリアで流氷粉砕船など、流氷そのものを体験する楽しみ方を提案しています。そしてこのエリアには、流氷にちなんだグルメや、流氷をモチーフにしたお土産が実は結構あるんです。

今回は、オホーツク海沿岸の網走でぜひ食べていただきたい名物グルメやおすすめおみやげをご紹介します!

流氷シーズンは広大な海が氷に埋め尽くされる

流氷とは海の水が凍り、流れ漂っているもののことをいいます。
この海の水が凍るという自然現象は、地球上でも極地付近とオホーツク海だけ。

見頃は2月から3月ごろまで。天候によって、流氷が接岸する日、しない日があるので、この期間毎日ずっと見られるわけではありません。

流氷シーズンは広大な海が氷に埋め尽くされる
制作協力:編集工房ビータス

オホーツク海沿岸では、1月下旬頃から毎年大人気の『流氷クルーズ』がはじまります。青い海が一面白い氷で埋め尽くされた世界は感動そのもの。

網走では、道の駅「流氷街道網走」から出航される期間限定の流氷クルーズが体験できます。

制作協力:編集工房ビータス

こんなの見た事ない!青いカレー

網走の道の駅「流氷街道網走」の2階にあるフードコート「キネマ館」。

こちらには、見た目のインパクトがとにかくすごい、流氷カラーを見事に再現したカレー・「流氷カレー」があります。

こんなの見た事ない!青いカレー

流氷カレー 1,200円

見た目の青さには驚きますが、独特の風味が特徴で辛みも程よい、香辛料が効いている本格インドカレーです。辛いのが苦手な人でも挑戦しやすい一品です。

ひと口目は勇気がいるかも!?

券売機で食券を買うシステム

眺めのいい窓側席で、ぜひ流氷カレーを食べてみてくださいね。

人気の窓側席からは、流氷が見えることもあるそうです

フードコートキネマ館
住所:北海道網走市南3条東4丁目(道の駅流氷街道網走 2階)
営業時間:11:00~16:30(暴風雪の影響などで営業時間に変動あり)
定休日:なし(12月31日~1月1日のみ休み)
アクセス:JR網走駅からタクシーで5分
その他:英語メニューあり、無料Wi-Fiあり

≫詳しくは公式サイトをご確認ください

夜にしっぽり飲みたい流氷カクテル

こちらは青い海に浮かぶ流氷をイメージしたカクテルが飲めるバー。

流氷カクテル「プラネットオブブルー」の、丸くカットされたカクテル氷は流氷そのもの。海をイメージさせる水色がロマンチックです。ウォッカベースのお酒で、カクテル好きな人におすすめ。

夜にしっぽり飲みたい流氷カクテル

流氷カクテル「プラネットオブブルー」 1,200円

流氷カクテルと合わせて食べていただきたいのが「知床鷄レバーの赤ワインづけ(700円)」。

知床産の鶏レバーは、とても柔らかく口の中ですぐに溶けてしまうほどで、レバーが苦手な人でもさらっと頂けます。

ついついお酒が進みそうです

おしゃれな店内には、世界の銘酒が600種類以上!

海外でも人気の日本ウイスキーの種類も豊富です。期間限定の季節のカクテルや、地元食材を使ったこだわりおつまみも充実しています。夜に、しっぽりと飲む1日の締めにぴったりです。

BEER&SCOTCH BAR THE EARTH
住所:北海道網走市南3条西2丁目 第2ツカサビル1階
営業時間:19:00~27:00(日・祝日は24:00まで)
定休日:不定休(年末年始は休み)
アクセス:JR網走駅からタクシーで5分

≫詳しくは公式サイトをご確認ください

凍えた体もポカポカ!海の恵たっぷりの塩ラーメン

オホーツク海でとれた新鮮な海鮮をふんだんに使った塩ラーメン。

流氷ラーメン」(おにぎり2個付き 1,000円)という名前は、流氷が見える場所名にちなんでつけたとのこと。塩味が効いていて、具の旨味がスープにしっかり含まれています。ホタテ、えび、わかめ、ふ、チャーシュー、カニ、ネギと具だくさんで、ボリューム満点。寒い冬にラーメンは欠かせませんね。

凍えた体もポカポカ!海の恵たっぷりの塩ラーメン

ラーメン丼ではなく、珍しい鉄鍋での提供

店内はJR藻琴駅の事務室を改装して作ったノスタルジックな雰囲気。以前に使われていた看板や駅員さんの帽子などが飾られています。

店内からは電車が眺められるので電車が好きな人には特におすすめ

JR藻琴駅構内の喫茶店。レトロな外観の駅舎も見どころのひとつ

食事&喫茶トロッコ
住所:北海道網走市藻琴 JR藻琴駅構内
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

筆者:DiGJAPAN!

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×