>  >  >  >  >  【東京発】青春18きっぷで行く!自然を感じる千葉・銚子の日帰りプラン

【東京発】青春18きっぷで行く!自然を感じる千葉・銚子の日帰りプラン

【東京発】青春18きっぷで行く!自然を感じる千葉・銚子の日帰りプラン

お得な鉄道旅の代名詞「青春18きっぷ」とは、春・夏・冬と学生の長期休みに合わせて期間限定で発売され、JRの普通列車が乗り降り自由になるというお得な切符です。

今回は、関東地方の最東端にある千葉県の銚子をめぐる青春きっぷ日帰り旅をご紹介。海を望む絶景やかわいいレトロな鉄道、美味しい海の幸など楽しめる要素がたくさんあることもポイントです!

青春18きっぷの買い方や使い方など、詳しくはこちら>>青春18きっぷの買い方や使い方を徹底解説!

東京発 自然を感じる千葉・銚子の日帰りプラン 旅程表

 【1日目】
東京駅8:11総武本線
千葉駅8:50
9:16総武本線
銚子駅11:07銚子電鉄を利用しながら銚子観光
・犬吠埼灯台(200円)
・地球の丸く見える丘展望館(420円)
・ウオッセ21
・銚子ポートタワー(420円)
・飯沼山 圓福寺
・外川の町並み
※ヤマサ醤油、ヒゲタ醤油は工場見学中止
銚子駅17:08総武本線・成田線
千葉駅19:05
19:25総武本線(土曜・休日は19:24発)
東京駅20:04(土曜・休日は20:03発)

 
今回の旅にかかる金額

列車:青春18きっぷ1 回分 2,410円 (通常料金の場合は4,620円)
私鉄:700円(バス代は除く)
観光スポット:1,040円
合計:4,150円(飲食費等は除く)

8:11 東京駅から総武線に揺られて東へ

8:11 東京駅から総武線に揺られて東へ
写真:123RF

今回の旅は東京駅からスタートして、関東の最東端である銚子を目指します。

総武本線で隅田川、荒川、江戸川を渡り、千葉県に入ってからも、しばらくはビルや住宅が密集した風景が続いたまま、列車は千葉駅へ。千葉駅で乗り換えてさらに東へ進むと、次第に田んぼや畑多くなり、どこか懐かしいのどかな風景へと変わっていきます。
千葉駅から約2時間乗車し、吹く風に潮の香りを感じたら、列車は銚子駅へと到着します。

11:07 銚子電鉄の1日乗車券を購入

11:07 銚子電鉄の1日乗車券を購入

銚子駅からは、銚子電鉄に乗り換えて旅を続けましょう。

銚子電鉄は、銚子市内6.4kmを走るローカル線。都会では見なくなったレトロな列車と、経営難を乗り越えるために、ぬれ煎餅を販売するといったユニークな取り組みでも有名です。
銚子電鉄の旅を満喫するには、お店で割引サービスも受けられる1日乗車券「弧廻(こまわり)手形(700円)」を購入しましょう。

今回は、銚子電鉄を利用して、好きな場所で途中下車をしながら観光するというコースにしました。気になるスポットを選んで、自分好みの旅プランを設定してみてください。
なお、日中の銚子電鉄の運行は約1時間に1本程度なので、時刻表を見ながら観光するのをおすすめします。

太平洋を一望できる「犬吠埼灯台」(犬吠駅から徒歩7分)

太平洋を一望できる「犬吠埼灯台」(犬吠駅から徒歩7分)

関東地方の最東端・犬吠埼にある「犬吠埼灯台」。

三方を海に囲まれた高さ約20mの大地の上に立ち、太平洋を一望することができます。明治7(1874)年に英国人技師によって設計された、日本製のレンガを使用した最初の灯台として、文化的価値の高い灯台です。

犬吠埼灯台

住所
千葉県銚子市犬吠埼9576
交通
銚子電鉄犬吠駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
3月~9月=8:30~17:00、10月~2月=8:30~16:00(GW 8/10~8/19=8:30~17:30)
休業日
荒天時(点検期間休、GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
参観寄付金=中学生以上300円(小学生・障がい者手帳持参で参観料無料)

地球の丸さを実感する「地球の丸く見える丘展望館」(犬吠駅から徒歩15分)

地球の丸さを実感する「地球の丸く見える丘展望館」(犬吠駅から徒歩15分)

犬吠駅を挟んで、犬吠埼とは反対側の愛宕山に建つ「地球の丸く見える丘展望館」。

銚子市内で一番高い場所にある屋上の展望スペースからは、地球の丸さを感じる雄大な太平洋だけでなく、遠くは富士山や筑波山まで望むことができます。

地球の丸く見える丘展望館

住所
千葉県銚子市天王台1421-1
交通
銚子電鉄犬吠駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(時期により異なる)
休業日
荒天時
料金
大人380円、小・中学生200円(65歳以上330円)

銚子漁港の直売所「ウオッセ21」(笠上黒松駅から徒歩25分or銚子駅からバス)

銚子漁港の直売所「ウオッセ21」(笠上黒松駅から徒歩25分or銚子駅からバス)

銚子漁港に併設する海産物の即売センターで、鮮魚や干物、缶詰などの海産物がお得な値段で購入することができます。

併設するシーフードレストラン「うおっせ」も、安くて美味しいと人気。銚子電鉄の最寄駅・笠上黒松駅から歩くと25分ほどかかるので、銚子駅からバスの利用もおすすめ。

ウオッセ21

住所
千葉県銚子市川口町2丁目6529-34
交通
JR総武本線銚子駅からちばこうバスポートセンター行きで14分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00
休業日
無休
料金
生マグロ=1500円~/サバカレー=270円/干物=650円~/

銚子漁港を見下ろす「銚子ポートタワー」(笠上黒松駅から徒歩25分or銚子駅からバス)

銚子漁港を見下ろす「銚子ポートタワー」(笠上黒松駅から徒歩25分or銚子駅からバス)

銚子漁港の近くに建ち、ウオッセ21に隣接する「銚子ポートタワー」。

総ガラス張りのツインタワーで、3階の展望ロビーからは活気ある銚子漁港の様子や太平洋を行き交う漁船などを見ることができます。また、4階の展望室からは、雄大な太平洋や利根川など、360°のパノラマが楽しめます。

銚子ポートタワー

住所
千葉県銚子市川口町2丁目6385-267
交通
JR総武本線銚子駅からちばこうバスポートセンター行きで14分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:30(時期により異なる、最終入館は閉館の30分前まで)
休業日
木曜日
料金
入館料=大人420円、小・中学生200円(65歳以上360円、障がい者手帳提示で無料、団体割引きあり)

古くから信仰を集めてきた「飯沼山 圓福寺」(観音駅から徒歩5分)

古くから信仰を集めてきた「飯沼山 圓福寺」(観音駅から徒歩5分)

奈良時代からの歴史を持つ真言密教の古刹で、古くから「飯沼観音」として信仰を集めてきました。本尊は十一面観世音菩薩で、今でも「ちょうしのかんのんさま」として親しまれています。

飯沼山 圓福寺(ちょうしかんのんさま 飯沼観音)

住所
千葉県銚子市馬場町1-1
交通
JR総武本線銚子駅からちばこうバスポートセンター行きで4分、銚子観音下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
飯沼観音・圓福寺ともに開門6:00、閉門17:00(納経・御朱印受付は8:00~17:00)
休業日
無休
料金
情報なし

どこか懐かしさがただよう「外川の町並み」(外川駅すぐ)

どこか懐かしさがただよう「外川の町並み」(外川駅すぐ)

銚子電鉄の終点・外川駅の周辺は、江戸時代に碁盤目状に町が作られ、かつては港町として大いに発展しました。

レトロな雰囲気の外川駅も含め、町全体に懐かしい雰囲気を感じることができます。NHK連続テレビ小説「澪つくし」の舞台としても有名です。

ヤマサ醤油&ヒゲタ醤油(工場見学は休止中)

ヤマサ醤油&ヒゲタ醤油(工場見学は休止中)

銚子といえば醤油が有名で、ヤマサ醤油とヒゲタ醤油という2大ブランドの工場が、銚子駅の近くにそれぞれあります。

名物の醤油ソフトクリームなどが食べられる工場見学が名物ですが、2020年7月現在、新型コロナウイルス感染症のため、一時的に工場見学を中止しています。再開したらぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。

ヤマサ醤油工場見学センター

住所
千葉県銚子市北小川町2570
交通
JR総武本線銚子駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~11:00(最終受付)、13:00~15:00(最終受付)
休業日
土・日曜、祝日、映画上映は無休(GW・盆時期は映画上映のみ開催、年末年始休)
料金
無料

ヒゲタ醤油銚子工場(見学)

住所
千葉県銚子市八幡町516
交通
JR総武本線銚子駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉店)
休業日
無休(年末年始休)
料金
無料

ランチは銚子の地魚をいただこう!

銚子市にある銚子漁港は、水揚げ量日本一を誇ります。

そんな銚子に来たら、観光を楽しむだけでなく、新鮮な地魚も味わいたいものです。ここでは、銚子電鉄の各駅から徒歩で行ける、ランチにおすすめの人気店を3つ紹介します。

行列必至の超人気店「海ぼうず」(銚子駅から徒歩15分)

行列必至の超人気店「海ぼうず」(銚子駅から徒歩15分)

銚子漁港の目の前にある「海ぼうず」は、週末になると行列ができるほどの超人気店。

新鮮な地魚はシンプルな刺身だけでなく、金目鯛のカルパッチョや韓国風マグロユッケなど、アレンジメニューも人気。バリエーション豊かなメニューがリーズナブルにいただけます。

海ぼうず

住所
千葉県銚子市新生町1丁目36-11
交通
JR総武本線銚子駅からちばこうバスポートセンター行きで4分、銚子観音下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
水~日・祝日・祝前日= 11:30~14:00、17:00~21:00
休業日
月・火曜(祝日の場合は営業/GW・盆時期は営業)
料金
金目鯛の特製づけ丼=2800円/金目鯛のカルパッチョ=1800円/あぶらぼうず刺身=1500円~/大粒かき唐揚=900円~/本日のなめろう=900円~/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):2000円

絶景と料理を一緒に楽しむ「風のアトリエ」(犬吠駅から徒歩15分)

絶景と料理を一緒に楽しむ「風のアトリエ」(犬吠駅から徒歩15分)

「地球の丸く見える丘展望館」に併設するレストラン。

風景を楽しみながら、健康と自然をコンセプトにした料理が味わえます。人気の日替わりランチ(1100円〜)は、地元の魚介や所有する畑で採れた減農薬野菜を使用。ガラス貼りの店内からは、水平線を望むことができます。

風のアトリエ

住所
千葉県銚子市天王台718
交通
銚子電鉄犬吠駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:00(ラストオーダー17:30、ディナーは金・土曜日の予約のみ)
休業日
月曜(祝日の場合は翌日休/GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
海老と彩り野菜のクリームソースパスタ=972円(M)・1620円(L)/カキと青菜のトマトソースパスタ=972円(M)・1620円(L)/地元の魚介や野菜を使った日替わりランチ=1080円~/ブレンド=378円/レモニーミント=540円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

季節の魚介が堪能できる「一山いけす」(上黒生駅から徒歩15分)

季節の魚介が堪能できる「一山いけす」(上黒生駅から徒歩15分)

鮮魚問屋が営業する食事処で、銚子漁港で水揚げされた新鮮な地魚が味わえます。

ブランド魚の「銚子つりきんめ」に加え、夏は磯牡蠣、冬はイカの活造りなど、その季節しか味わえない限定メニューも人気。水揚げによっては、通常メニューに載っていない特別メニューがあることも。

17:08 銚子から東京へ

銚子の街を遊び尽くしたら、列車に乗って東京へと戻りましょう。
行きは千葉駅から成東駅や旭駅を経由する、南側の総武本線ルートでしたが、帰りは佐原駅や成田駅を経由する、北側の成田線経由ルートを使っています。

ルートは異なりますが、千葉駅への到着時間に大きな差はありません。同じルートのはずなのに、違う列車に乗ってしまった!と焦らなくても大丈夫です。

まとめ:気ままに途中下車を楽しむ1日旅を!

まとめ:気ままに途中下車を楽しむ1日旅を!

東京から日帰りで行く、銚子の旅はいかがだったでしょうか? 時間がなくて遠くへは旅にいけないという方も、日帰り旅であれば実現できる可能性は高くなるでしょう。

青春18きっぷを使って、夏を楽しんでくださいね。

筆者:kumamoto

旅行系の編集プロダクション、web制作会社を経て、現在はフリーランス。編集者時代は、鉄道や温泉などの国内旅行を中心としたMOOK本を制作。ライター兼カメラマンとしても、日本全国の取材に回っている。学生時代から愛用していた「青春18きっぷ」は、キャリア20年のベテラン。

エリア

 >  >  >  >  > 
×