>  > 

ジャパニーズウイスキーおすすめ10選!~お取り寄せ家飲みのススメ~

この記事をシェアしよう!

ジャパニーズウイスキーおすすめ10選!~お取り寄せ家飲みのススメ~

全国のお酒好きのみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今、日本産ウイスキー「ジャパニーズウイスキー」が世界中で大変なブームになっていることをご存じですか?
旅行も思うように行けない昨今、行ったつもりで楽しめる日本の各地の特色を生かした、ジャパニーズウイスキーおすすめ10選をご紹介します!

これを読めばあなたもウイスキーツウ?!

まずはウイスキーを知っておこう!

まずはウイスキーを知っておこう!
日本ウイスキーの元祖的な存在のダルマこと「サントリーオールド」(左)と「マルスオールドウイスキー」(右)

そもそもウイスキーって?

まず、ウイスキーとは、どういうお酒なのか、知っておきましょう。

ウイスキーとは、「穀類を原料として、糖化、発酵したあとに蒸留し、木製(おもにオーク)の樽で熟成させて作るお酒」ということ。原料となる穀類は、大麦、トウモロコシ、小麦、ライ麦が主となります。

見た目もよく似たブランデーは、同じようにオーク樽で熟成させた蒸留酒ですが、こちらは原料がブドウなので、似て非なるものですね。

ウイスキーの最大の特徴は、なんといっても琥珀色!樽で熟成させるときに樽の木の色や香り、成分が溶け出して、もとの無色透明の蒸留酒が、魅力的な琥珀色に染まっていくのです!

熟成期間が長いほど、まろやかで奥深い味わいになるといわれています。

日本はウイスキーの5大生産地のひとつ!

世界中で愛されているウイスキーの生産地は、スコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、そして日本が世界5大生産地といわれいます。

そして、どの産地も、ウイスキー作りの肝となる澄んだ水が確保できる場所に、蒸溜所が建てられていることが多いよう。

その土地ごとに違う味わいに仕上がるっていうところも、魅力のひとつですね。

ウイスキーの種類

バーに飲みに行く人なら「シングルモルト」という言葉を聞いたことがある人も多いのでは?かっこいい響きですよね!筆者はこの「シングルモルト」という言葉を使いたくて、ウイスキーを飲み始めたといっても過言ではありません!

ウイスキーと一口に言っても、さまざまな種類があります。製法や原料によって、味わいや香りが異なります。

・モルト=大麦麦芽(モルト)のみを原料として、単式蒸留器で蒸留されるウイスキー

・シングルモルト=ひとつの蒸溜所で作られたモルトウイスキーを瓶詰めしたウイスキー。混じるものが少ないため、蒸溜所の個性が色濃く出るのが特徴。

・グレーン=大麦以外の穀物を原料として連続式蒸留器で蒸留されるウイスキー。余計な成分を極力含まないように蒸留されるため、モルトウイスキーに比べてクセがなくまろやかな味わい。

・ブレンデッド=モルトとグレーンを混ぜ合わせたもの。品質の安定に適したウイスキーだが、安定した品質を維持するために、ブレンダーの味覚や嗅覚が重要となる。

ジャパニーズウイスキーの人気がすごい!

ジャパニーズウイスキーの人気がすごい!
朝ドラで一躍ブームとなったニッカウヰスキー「竹鶴」

日本のウイスキーといえば、「サントリー角瓶」を思い浮かべる人も多いのでは?

最近は、「まずビール!」ではなく、「とりあえず角ハイ!」と最初の1杯に角瓶ハイボールを好む人も多いよう。ハイボールで飲みやすく、リーズナブルでバランスの取れた庶民派ウイスキーですね。

また、数年前のNHK朝ドラでニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝の物語「マッサン」で、「竹鶴」がブームになりましたね。ジャパニーズウイスキーは、この竹鶴政孝の時代から約100年の歴史があるのです。

そして今、世界中でジャパニーズウイスキーが大変な人気なのです!

人気過ぎて入手困難な商品は、プレミアがついて高値で売買されていたり、オークションに出されるなど、投資目的で購入するお金持ちもいるほど!

日本国内でのウイスキー人気は、下火になった時期もありました。

しかし、20年ほど前からサントリーの「山﨑」や「響」、ニッカウヰスキーの「竹鶴」などをはじめ、ジャパニーズウイスキーが世界的コンペで最高賞を受賞するようになり、世界中でジャパニーズウイスキーの評価が高まったのです!

これに加え、朝ドラの人気も手伝って、日本国内でも逆輸入的にジャパニーズウイスキーの人気が高まっていったようです。

ジャパニーズウイスキーの人気がすごい!

サントリー「響」は日本のウイスキー人気を牽引しているウイスキーの一つ

ジャパニーズウイスキーってどんなもの?

ジャパニーズウイスキーってどんなもの?
世界的なコンペで数々の最高賞を受賞している「山崎シングルモルト18年」

そんな大人気のジャパニーズウイスキーですが、つい最近まで、原産国や使用する穀物や水、酵母、熟成年など、具体的な定義はありませんでした。

しかし、この世界的ブームのなかで、「ジャパニーズウイスキー」のブランドにのっかって、日本産でないウイスキーが海外で「ジャパニーズウイスキー」として売られることが起こっていたようです。

このようなことを抑制する目的もあってか、日本洋酒酒造組合は、2021年4月に『ジャパニーズウイスキーと表示するための製造上の定義』をついに発表したのです!

ジャパニーズウイスキーの定義をサクッと知ってこう!

ジャパニーズウイスキーの定義をサクッと知ってこう!
水がおいしいことで知られる大阪府島本町にあるサントリー山崎蒸溜所

【ジャパニーズウイスキーの定義】
・原料として使用してよいものは、麦芽、穀類、日本国内で採水された水、のみ
※麦芽は必ず使用すること
・糖化、発酵、蒸留は日本国内で行うこと
・蒸留の留出時のアルコール度数は95%未満とすること
・容量700ℓ以下の木製樽で、樽詰めから3年以上を日本国内で熟成すること
・日本国内で瓶詰めし、その際のアルコール度数は40%以上とすること

日本国内で採取された水で、糖化、発酵、醸造、熟成は日本国内で行う、というところが重要ですね。

これは「ジャパニーズウイスキー」と表示するための定義ですので、「ジャパニーズウイスキー」とあえて表示をしなければ、この限りではないようです。
但し、「ジャパニーズウイスキー」と表示しなくても、日本を彷彿させる地名や山岳・河川名などの名称をジャパニーズウイスキー以外のウイスキーに使うことも、認められないということです。

※日本の地名等が名称になっていても「ジャパニーズウイスキーではない」ということを明記すれば、その限りではありません。

【ジャパニーズおすすめ10選】地名がついたジャパニーズウイスキーを飲んで、行った気分で楽しみたい!

今や、ジャパニーズウイスキーの蒸溜所は、全国各地に40近くもあり、さまざまなウイスキーが作られています。

最近では、日本酒や焼酎の酒蔵が、ウイスキー作りに取り組んでいる蒸溜所がいくつもあります。また、世界的にもクラフトウイスキーがブームで、日本でもまったく異なる業種からウイスキー作りに参入している小さな蒸溜所も!

そんな各地のウイスキーのなかから、地名や地名に由来した名前がついたジャパニーズウイスキ10選をご紹介します!

※今回紹介するジャパニーズウイスキーは、前述した「ジャパニーズウイスキーの定義」に合致しないものも含んでいます。

道東の小さな蒸溜所が手掛けるジャパニーズウイスキー:【厚岸】●あっけし

道東の小さな蒸溜所が手掛けるジャパニーズウイスキー:【厚岸】●あっけし
写真は「厚岸 シングルモルトウイスキー寒露」

蒸溜所の開設は2016年、そこからわずか4年でリリースした、ジャパニーズウイスキー「厚岸」のシングルモルト「サロルンカムイ」は、スピリッツの世界的コンペで最優秀金賞を獲得し、一躍世界中から注目が集まりました!

スコットランドの製法をもとに作られたというジャパニーズウイスキー「厚岸」。
アイラウイスキーの雰囲気が漂いつつも、上品な味わい。口に含んだ瞬間から押し寄せる強いピート感、甘苦い風味が口いっぱいに広がり、道東の霧深い海岸を思い出させてくれます。

分類:シングルモルト
蒸溜所:厚岸蒸溜所
メーカー:賢展実業
おすすめ飲み方:ストレート

ジャパニーズウイスキー白州12年がついに再販開始!:【白州 】●はくしゅう

ジャパニーズウイスキー白州12年がついに再販開始!:【白州 】●はくしゅう
白州ブランドのなかでもとくに人気の12年がついに再販!

緑色がさわやかなボトルが印象的な、ジャパニーズウイスキー「白州」。
山梨県白州町、甲斐駒ヶ岳のふもとの緑に囲まれた蒸溜所で作られたジャパニーズウイスキー「白州」は、ボトルの見た目とエリアのイメージどおり、さわやかでフルーティーな味わい。
ウイスキー愛好家はもちろん、ウイスキー初心者にも飲みやすいことで人気です。

とくに「白州12年」はあまりの人気で品薄となり、販売停止になっていましたが、2021年の5月に念願の再販開始!徐々に市場に出回ってきていますよ。

分類:シングルモルト
蒸溜所:白州蒸溜所
メーカー:サントリースピリッツ
おすすめ飲み方:ソーダ割り

ジャパニーズウイスキーの世界的ブランドとなった竹鶴政孝が創設した蒸溜所生まれ:【余市】●よいち

ジャパニーズウイスキーの世界的ブランドとなった竹鶴政孝が創設した蒸溜所生まれ:【余市】●よいち
シングルモルト余市

ジャパニーズウイスキーの聖地とも誉れ高い、余市蒸溜所で作られる代表的なジャパニーズウイスキー「余市」。
北の日本海を間近に位置する余市蒸溜所作られるジャパニーズウイスキーは、ピートと潮の香りが強く、スコッチウイスキーを思わせる重厚な味わい。
まさに大人のジャパニーズウイスキーという雰囲気です!

分類:シングルモルト
蒸溜所:余市蒸溜所
メーカー:ニッカウヰスキー
おすすめ飲み方:ロック

宮城県内限定商品!甘くて苦い大人の味:【伊達】●だて

宮城県内限定商品!甘くて苦い大人の味:【伊達】●だて
このたびのジャパニーズウイスキーの定義にはあたらないが、日本のウイスキーらしい上質な味わい

エリア名とは異なりますが、伊達=仙台ってイメージですよね。
山形県との県境にほど近い仙台の西奥の森の中、仕込み水に使われる新川川近く位置する宮城峡蒸溜所で作られたウイスキー。

「伊達」は、甘い香りとひと口目のなめらかな口当たり。飲みやすい?と思ったそのあとに、チョコレートのような甘いピートの風味と苦みが押し寄せて、グッと大人な印象で締めくくられる味わいです。
また、ソーダで割るとよりピート感が増す印象で、大人のハイボールに仕上がります。

「伊達」は、ジャパニーズウイスキーの定義から外れている理由は、ニッカが所有するスコットランドの蒸溜所「ペンネベス蒸溜所」の樽詰めしていない原酒を少し含まれているため。
この原酒をカフェ式蒸留器で蒸留したのが、おしゃれなボトルが印象的な「ニッカ カフェモルト」となります。
「カフェ モルト」の紹介は、また別の機会に。

分類:ブレンデッド
蒸溜所:宮城峡蒸溜所
メーカー:ニッカウヰスキー
おすすめ飲み方:ソーダ割り

長野県限定販売!中央アルプスの伏流水で仕込まれたウイスキー:【信州】●しんしゅう

長野県限定販売!中央アルプスの伏流水で仕込まれたウイスキー:【信州】●しんしゅう
このたびのジャパニーズウイスキーの定義にはあたらない。おいしくてこんなに飲んでしまいました

中央アルプス木曽山脈の麓、すぐ西には南アルプスという、日本アルプスど真ん中に位置するの蒸溜所で作られたウイスキー「信州」です。
熟成に使われたバーボン樽とモルトの香りがそれぞれいい塩梅で際立っていて、静かな山間の蒸溜所生まれの華やかな印象。

分類:ブレンデッド
蒸溜所:マルス信州蒸溜所
メーカー:マルスウイスキー
おすすめ飲み方:ストレート

静岡生まれの注目のクラフトジャパニーズウイスキー!:【プロローグK静岡】●プロローグケーしずおか

静岡生まれの注目のクラフトジャパニーズウイスキー!:【プロローグK静岡】●プロローグケーしずおか
ボトルラベルのデザインが特徴的

2016年に静岡駅から20㎞超、中河内川沿いに位置する、2016年誕生の蒸溜所から2020年12月に初出荷された、今注目のジャパニーズウイスキー「プロローグK静岡」。
建物の木材や発酵槽などは静岡産、原材料の大麦麦芽は50%以上が国産という、まさにジャパニーズなウイスキーです!

名前の「K」とは、使用している初留用蒸留器に由来するもの。1950年代に製造された伝説の蒸留器で作られるウイスキーは、軽めのピート感と爽やかな口当たり。
2018年からは、原材料はすべて静岡産というジャパニーズウイスキーを仕込み中ということ。こちらもリリースが楽しみですね。

分類:シングルモルト
蒸溜所:ガイヤフロー静岡蒸溜所
メーカー:ガイアフローディスティリング
おすすめ飲み方:ストレート

富士山の伏流水から生まれるウイスキー:【富士山麓】●ふじさんろく

富士山の伏流水から生まれるウイスキー:【富士山麓】●ふじさんろく
写真の「富士山麓 樽熟50°」は現在市場に出回っているもののみ

都心から車で1時間半ほど、名前のとおり「富士山の麓」に位置する蒸溜所で生まれるウイスキー「富士山麓」。

富士山の豊かな伏流水と、夏冬の寒暖差、適度に高い湿度という、まさに日本的な環境で作られるウイスキー「富士山麓」は、甘くフルーティーな香りで、口に含むとキャラメルのような香ばしい風味が広がります。
水割りにすると甘さが際立ち、香りはやわらかくなり、ウイスキー初心者にもおすすめです。

分類:ブレンデッド
蒸溜所:富士御殿場蒸溜所
メーカー:キリンウイスキー
おすすめ飲み方:ストレート、水割り

世界が注目するクラフトジャパニーズウイスキー:【イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 2021 秩父×駒ヶ岳】●イチローズモルト ダブルディスティラリーズ2021ちちぶ×こまがたけ

世界が注目するクラフトジャパニーズウイスキー:【イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 2021 秩父×駒ヶ岳】●イチローズモルト ダブルディスティラリーズ2021ちちぶ×こまがたけ
世界が注目する2つの蒸溜所のコラボウイスキー

「イチローズモルト」といえば、ベンチャーながら「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」で2年連続世界最高賞を受賞し、世界的に大注目が集まるジャパニーズウイスキー。

ここで紹介するのは、「イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 2021 秩父×駒ヶ岳」。
イチローズモルトの原酒、マルス信州蒸溜所それぞれが作る原酒を交換し、それらの原酒を両メーカーが独自にブレンドしたジャパニーズウイスキーです。

分類:モルト
蒸溜所:秩父蒸溜所、マルス信州蒸溜所
メーカー:ベンチャーウイスキー
おすすめ飲み方:ストレート

日本のウイスキー発祥の地で作られるジャパニーズウイスキー:【山崎】●やまざき

日本のウイスキー発祥の地で作られるジャパニーズウイスキー:【山崎】●やまざき
関西ではなじみのあるジャパニーズウイスキー

大阪府のなかで京都府と隣接する島本町は、水がとてもおいしいということで、よく知られるエリア。
その大阪と京都にまたがる天王山の麓にある山崎蒸溜所は、JR京都線の車窓から見えることもあり、大阪、京都の人には、なじみがある人も多いのでは?

ジャパニーズウイスキーの代表ともいえる「山崎」は、ベリーのような香りと甘く濃厚な味わいのあとに、ピートの香りが喉から鼻に抜け、しばらく残る余韻が何ともいえません。

分類:シングルモルト
蒸溜所:山崎蒸溜所
メーカー:サントリースピリッツ
おすすめ飲み方:ストレート

本州最南端の蒸溜所で作られるジャパニーズウイスキー:【津貫】●つぬき

本州最南端の蒸溜所で作られるジャパニーズウイスキー:【津貫】●つぬき
写真は「シングルモルト津貫 ピーテッド」

ウイスキーって、寒くて風が強いようなところで作られるイメージがありましたが、南国育ちのジャパニーズウイスキーが出てきましたよ!
鹿児島県薩摩半島中央あたりの山深い場所にある、本坊酒造の焼酎蔵が手掛けるジャパニーズウイスキーです。

平均気温は比較的高いものの、盆地であるがゆえに寒暖差が激しいこと、蔵多山の良質な水がウイスキー作りに適していたようです。

写真で紹介のジャパニーズウイスキー「シングルモルト津貫 ピーテッド」は、香り自体はやわらかく、口に含むと名前のとおりスモーキーなピート感がグッと鼻を通り抜けます。余韻は徐々に甘みが増して、ひと口で長―く楽しめます!

分類:シングルモルト
蒸溜所:マルス津貫蒸溜所
メーカー:本坊酒造
おすすめ飲み方:ストレート

ジャパニーズウイスキーを楽しもう!:まとめ

いかがでしたか?
地域名がついているウイスキーをはじめ、ほかにも魅力的なジャパニーズウイスキーは、まだまだあり、今後もますます増えていきます!
少しでもジャパニーズウイスキーへの関心が高まっていただければ、うれしいです。

そして、家飲みでは、ついつい飲みすぎちゃいますね。お酒はおいしく適量を♪

お酒とおいしいものが大好きで、ステキなお店を見つけるのが超得意です。隠れた名店や穴場スポットなどを発信していきます。

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください