>  > 

おすすめのモバイルバッテリー27選 もしもの時も安心!お出かけするなら携帯したい! 画像:123RF

この記事をシェアしよう!

おすすめのモバイルバッテリー27選 もしもの時も安心!お出かけするなら携帯したい!

皆さん、モバイルバッテリーは使用していますか?

モバイルバッテリーとは、スマートフォンやタブレットや携帯ゲーム機などコンセントがなくても充電ができる、現代の生活に欠かせないアイテム。旅行やおでかけ先でも、モバイルバッテリーが1つあると大変便利!

あると便利なモバイルバッテリー。いざ家電量販店やディスカウントショップにモバイルバッテリーを選びにいくと、コンパクトなものから大きいものまでたくさんの商品がありどれを選べば良いのか困ってしまいますよね?

今回は、もしもの時も安心でき、お出かけするなら携帯したいモバイルバッテリーおすすめ27選を紹介します。

この記事の目次

モバイルバッテリーとは

モバイルバッテリーとは
画像:123RF

モバイルバッテリーとは充電の繰り返しが可能な持ち運び電池。

通勤や旅行先、通学など外出先でスマートフォンのバッテリーが少なくなり不安になることが多々あります。モバイルバッテリーがあればその場で充電することができるので必需品となっています。

最近ではパソコンの充電や車のスターターとし使えるモバイルバッテリーもあります。地震や台風など災害時の備えとして持っておくこともいざというときに助かりますよ。

モバイルバッテリーの選び方

PSEマークについて注意点

PSEマークについて注意点

モバイルバッテリーを選ぶときにチェックしなければならないのは安全性。安全なモバイルバッテリーなのかどうかは「PSEマーク」で確認できます。

PSEマークとは、(PSE)が定めている基準をクリアしている電気用品につけられる印。PSEマークがない商品は、安全の保証がないため発火の恐れがあります。

怪我や火事になるリスクがありますので、購入する際は必ずPSEマークの付いたモバイルバッテリーかどうかを確認しましょう。

特に注意が必要なのは、ネットショップで売られている破格のモバイルバッテリー。輸入品のモバイルバッテリーにはPSEマークが付いていない場合があります。

PSEマークが付いていないモバイルバッテリーを販売することは違法ではないため、購入する方が判断しなければなりません。

サイズ・重さ・容量について

サイズ・重さ・容量について
画像:123RF

モバイルバッテリーは容量が重要。コンパクトであれば容量が少なく、大きくなれば大容量となります。

モバイルバッテリーの容量単位は「mAh(ミリアンペアアワー)」と表記されています。事前に使用しているスマートフォンやタブレットのバッテリー容量を確認し、十分な充電が可能な容量のモバイルバッテリーか確認しましょう。

例えば、iPhone 12のバッテリー容量は2815mAh。モバイルバッテリーの容量が5000mAhであれば、単純計算で約1.7回分の充電が可能です。
スマートフォンは1回の充電に4,000mAh程度を目安に選ぶことをおすすめします。ご自身の使用頻度を考えて選びましょう。

なお、スマートフォンのバッテリーと同様にモバイルバッテリーは消耗品。繰り返し使うとバッテリーの容量は減っていきます。

ポートの種類・数について

ポートの種類・数について
画像:123RF

モバイルバッテリーにさせるポートの種類は商品によって異なります。USB type-AやUSB type-Cがあり購入者が使う充電ケーブルの種類を確認して選びましょう。

商品によっては複数同時充電できるものもありますが、同時だと出力不足で充電が遅くなることがあります。

信用できるメーカー別におすすめモバイルバッテリーをご紹介

今回ご紹介するおすすめのメーカーは、Anker、cheero、CIO、RAVPowerです。

Anker
Google出身の数名の若者達によって2011年に設立されたスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行うハードウェア・ブランド。

Cheero
親会社は創業30年を超える機械部品メーカーのTRA株式会社。スマートフォン向けのバッテリーを中心にケーブルなどの関連アクセサリーの製造販売を行っている。

CIO
『多機能×最新テクノロジーで新たな常識を』をコンセプトに設立。クラウドファンディングサイト「Makuake」で発表されたモバイルバッテリーは約450万円(537人)の支援を集め注目される存在に。

RAVPower
中国深センに本社を置く、創業20年以上の老舗メーカー。評価も高く、コストパフォーマンスに優れたモバイルバッテリーを展開。

【おすすめのモバイルバッテリー】1.Anker PowerCore Fusion 5000

おすすめのモバイルバッテリーといえば信頼のAnker。現在発売されているモバイルバッテリーの中で一番おすすめできるメーカーです。

こちらのPowerCore Fusion 5000はモバイルバッテリー本体にプラグが付いているので、そのまま壁のコンセントにさすことができます。コンセントにさして機器に接続した場合、まず機器の充電が開始され、機器の充電が完了してからモバイルバッテリーの充電が開始。

バッテリーにプラグが内蔵されたモバイルバッテリーは、持ち運び用の充電ケーブルとしても活躍するので便利な機能。Anker独自のPowerIQやVoltageBoostという技術を搭載しており急速充電が可能なのも魅力です。

  • メーカー:Anker
  • サイズ:約72×70×31mm
  • 重量:約189g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 急速充電:対応
  • 出力ポート:USB-A×2、USB-C×1

「Anker PowerCore Fusion 5000」の詳細情報を見る

【おすすめのモバイルバッテリー】2.Anker PowerCore 5000

スティック型のモバイルバッテリー。

スティック形状なので鞄の隙間やポケットに違和感なく収まります。そしてとてもコンパクトで軽量なので持ち歩くことにストレスを感じません。

このモデルもAnker独自のPowerIQやVoltageBoostという技術を搭載してるので、急速充電が可能です。

  • メーカー:Anker
  • サイズ:約108×33×33mm
  • 重量:約134g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 急速充電:対応
  • 出力ポート:USB-A×1

「Anker PowerCore 5000」の詳細情報を見る

【おすすめのモバイルバッテリー】3.Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cable

とにかくスリムなモバイルバッテリーなのがこちら。わずか7.5mmの薄さなのでポケットに入れても邪魔になりません。

スマートフォンと重ねて、充電しながらスマートフォンを操作しやすいのが魅力。また、とても薄型なのでスマートフォンと重ねた状態でジーンズの後ろポケットに収めることも可能。

USB-Cのケーブルが備え付けられているモデルになり、USB-C対応のデバイスのみ対応。USB-C対応の機器を使用している方で気軽にモバイルバッテリーを持ち歩きたい方におすすめのモデルです。

  • メーカー:Anker
  • サイズ:約137×66×7.5mm
  • 重量:約110g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 急速充電:対応
  • 出力ポート:USB-C×2(1ポートケーブル付き)

「Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cable」の詳細情報を見る

【おすすめのモバイルバッテリー】4.Anker PowerCore Magnetic 5000

ワイヤレス充電対応のスマートフォンに対応したモバイルバッテリー。

ワイヤレス充電式モバイルバッテリーの欠点であった機器がズレて充電がされていないという問題を、モバイルバッテリーにマグネットを採用することで解決したモデルです。強力なマグネットでモバイルバッテリーと機器を固定することができるので、移動や機器の使用中でも充電が可能。

ケーブル使用の場合はUSB-Cに対応しています。ワイヤレス充電対応のスマートフォンを利用されている方におすすめのモデルです

  • メーカー:Anker
  • サイズ:約93×63×16mm
  • 重量:約133g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 急速充電:非対応
  • 出力ポート:USB-C×2(1ポートケーブル付き)

「Anker PowerCore Magnetic 5000」の詳細情報を見る

1 2 3 4 5

旅行、デジタルガジェット、釣りが趣味のノマドワーカー、ドローン講師。各地の観光情報、空撮や360度カメラなどを活用した美しい映像を発信していきたいです。最近は造園業も始めました。

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください