トップ > 国内 > 

久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」(広島)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」(広島)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

海のミルクがオイルの海に漕ぎ出してフォアグラに変身?!久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」

海のミルクがオイルの海に漕ぎ出してフォアグラに変身?!久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」

太古の昔から世界各地で食べられていた牡蠣。それは、海のミルクと呼ばれているように栄養たっぷりだからというだけでなく、やはりおいしかったからに決まってます。味気ない栄養のみの生活なんて考えられないタイプの筆者だけでなく、世界各地に食いしん坊は多かったのでしょう。ある意味グロテスクといえるあのルックスに秘められた、たまらない潮の香りと奥深い味わい。食べ終えた殻を積み上げて、悦に入る人々を誰が責められましょうか。

そして、日本で旨い牡蠣を育ててくれる広島に感謝です。その広島の牡蠣を、これまたスゴイものに昇華させてくれたのが、久羅沙喜さん。久羅沙喜の「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」は、ほんのり醤油風味の牡蠣を、純正コーン油に漬けこんだオイル漬けで、食感がフォアグラのようだと話題です。旨みがギュギュっと凝縮されていて、ワインに合うんだ、これが。そして、醤油のパワーでご飯とも仲良くできます。個人的には、少し追い醤油をしてご飯との結合を促しております。

そして残ったオイルも絶対に捨てちゃいけません。牡蠣の旨みが憑依した調味オイルは、パンにつけて良し、パスタに和えて良し、ドレッシングにしてもこれまた良し。

ぜひ、瓶に詰まった旨みをすみからすみまでかっさらってください。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください