トップ > 国内 > 

ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」(北海道)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」(北海道)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回はノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

これは鮭フレークではなく完成された料理!ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」

これは鮭フレークではなく完成された料理!ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」

「南極料理人」はちゃんと映画館で観た筆者です。あの、あの料理人が作ったヤツですか! いや、決して主演の俳優さんと混同しているわけではありません。エピソードににじみ出るご本人の人となりには、感じいるものがありました。食の持つパワーとか、限りある食材を余すところなく使うとか、疲れた隊員たちへのサプライズとか。そういうことを考え、長きにわたって実行してきた料理人の作るものってどんな味なんだろう。食べてみたい、素直にそう思いました。

そして、食べてみてやっぱりすごい人なんだと思いました。焼いてほぐした北海道の白鮭に、ホタテの旨み、ニンニクとタマネギの香味をプラス。単純といえば単純な構成なのかもしれませんが、文字通りやみつきになる味なんです。料理人の腕ってこういうところに出るんだろうなあ、とグングン減っていく瓶を眺めながら感慨に浸っておりました。

実は、ノフレ食品の「南極料理人 やみつきシャケ」を食べた後に疑問がひとつ。原材料の白鮭って何? 調べてみると、日本で獲れる鮭で時知らずや秋味など地方や成長度合いで名が変わるそうです。閑話休題。

ご飯のお供で鮭といればフレークだけど。これはもう料理です! 素敵な前菜です!アレンジしてメインへの昇格もバッチコイです! と快哉を叫んで締めたいと思います。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください