トップ > 国内 > 

いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」(島根)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」(島根)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回はいずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」は、海苔の佃煮をベースに山椒の魅力が大爆発

いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」は、海苔の佃煮をベースに山椒の魅力が大爆発
画像:楽天市場

恥ずかしながら、山椒の魅力というものを今まであまり考えたことがありませんでした。ウナギにかける粉山椒や麻婆豆腐に使われるものと、料理の一部としてのみ認識していたのが、嘘のように吹っ飛ばされました。鼻に抜ける爽やかな香りに、添え物でなく主役だわコレ。と、その瞬間に自分の中の山椒の立ち位置が舞台中央スポットライトど真ん中になりました。もちろん、海苔の佃煮としての一体感もあり相性もバツグンでしたと言い添えておきます。

いずも八山椒の「ジャコのり~頼むからごはんください。~」に使われているのはいずも八山椒のもので、自然豊かな土地で丁寧に作られていて「山のキャビア」と呼ばれているそう。また、出雲地方の山椒は「出雲國風土記」に「かわはじかみ」という名で登場するほど歴史があるというから驚きです。

ご飯のお供らしい味わいですが、爽やかな香りが軽やかにしてくれて、するすると食が進みます。そういえば、ちりめん山椒というツワモノもいるんだから、そこに海苔が参戦しておいしくないわけがないんですよね。でも、やはり山椒の質の高さに衝撃でした。山椒というスパイスの基準が上がってしまったのは、いいことなのかどうなのか。今後の傾向と対策を練らないといけませんね。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください