トップ > 国内 > 

阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」(新潟)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」(新潟)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

経験したことのないサクサク感が食べる楽しさを引き出す、阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」

経験したことのないサクサク感が食べる楽しさを引き出す、阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」

柿の種を食べたことがある人も食べるラー油を食べたことがある人も、世の大半を占めるかと思います。しかし、出会いというのは恐ろしいもので、やめられない止まらない危険なブツがこの世に誕生してしまいました。

やはりベースとなる柿の種がおいしいからなんでしょうか。新潟の柿の種はおいしい、というのは以前から知っていたのですが、ご飯のお供になるとは予想もしなかったですね。確かに、柿の種を衣にした揚げ物など料理アレンジに使われるというのは認識してましたが、こういう方向性を考えついて開発してくれた方々がスゴイ。深く感謝いたします。

阿部幸製菓「柿の種のオイル漬け」ですが、オイル漬けということはしんなりしているのでは? という思いがちですが食べてびっくり、まるのままの柿の種はサクサクで、苦も無く噛み砕けるのに主張はあって、そう来るかと歯が喜ぶ感じです。クラッシュされたものはガーリックやフライドオニオンと三位一体となってザクザクと存在をアピールしてくる。どちらもアピール度は高いのに、ご飯も巻き込んでしっかりタッグを組み、相性ばっちり作戦で挑んでくるので、もう無抵抗で心地よい敗北感に身を任せてしまいます。

激辛やだし醤油バージョンもあるので、次はそっちにも挑戦して食べる楽しみ、噛む楽しみを堪能しようと計画中。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください