トップ > 国内 > 

三幸の「サーモン塩辛」(新潟)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

三幸の「サーモン塩辛」(新潟)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、三幸の「サーモン塩辛」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、三幸の「サーモン塩辛」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は三幸の「サーモン塩辛」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

三幸の「サーモン塩辛」~糀のまろやかさを纏ったサーモンの熟成された旨さ

特に脂ののったハラス、この魅惑的なワードにあらがえる人はいるのだろうか。ハラスとはサーモンのお腹の部分の骨のないごく一部で、1匹から2本しか取れない貴重な部位です。しっかり脂肪が蓄えられているので脂ののりが最高。繰り返します。脂がのっているという言葉はすばらしい。それだけで第一段階クリアです。

そんなハラスを塩辛にした三幸の「サーモン塩辛」は、ごろっと切り分けられていて、歯ごたえのある部分と柔らかな部分の食感の違いも楽しめるというおまけつき。
サーモン好きで塩辛好き。そんな筆者がふらふらと吸い寄せられてしまうのも仕方ないですよね。

ボディは麗しのピンク、そこに糀の白いワンピースを纏って、ツヤっとイクラのアクセサリーを飾ったら、絶世の美女の完成です。世のご飯たちはその美女の前に跪くしか術はありません。あとはその美女を存分に愛でながら食べるのみ。ちなみに、極寒の海で育ったアトランティックサーモンが使われているそうなので、美女はバリバリの北欧美人です。

そして、味わいのキモである糀。やわらかな塩気とまろやかなコクは日本人の舌によくあいます。そういえば、糀は日本で作られた和字で麹と同義、でも米麹をさしていることが多いようですね。発酵食品は最近注目を集めてますし、どんどん食卓に取り入れていきたいと考えています。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください