トップ > 国内 > 

龍のたまご(大分)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

龍のたまご(大分)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、「龍のたまご」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、「龍のたまご」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は「龍のたまご」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

濃厚なオレンジ色の黄身がプルップルの龍のたまご

濃厚なオレンジ色の黄身がプルップルの龍のたまご

龍のたまごは、たまごを割ってみると、黄身の色が普通のたまごと違うのが一目瞭然。黄色よりも何倍も濃いオレンジ色の黄身で、つやつやした光沢とはちきれんばかりの張り感に包まれています。透明感のある白身もきっちり2段に分かれていて新鮮そのもの。もう、見た目だけでただ者ではないという雰囲気がビンビンに伝わってきます。

たまごのおいしさをストレートに味わうなら、やはりTKGでしょう。シンプルなたまごかけご飯ですが、実は調べてみると作り方もひとそれぞれなんですよね。ご飯に直接たまごを割り入れるか、別の器でといてからかけるか。最近では醤油ご飯を作ってそこに味付けなしのたまごをかける方法が話題だったり。ちょい足しや白身をメレンゲ状にするなんていう、もはやレシピだろというものまで色々あって、TKGされどTKG、みんな研究に余念がないんだなと感じます。

ここは、スタンダードと思われるご飯にくぼみを作って龍のたまごを割り入れて、醤油をたらすスタイルで。味は濃いのにすっきりとした後味は、やはりたまごの質がいいからなのか。思わずかき込んでも、のどをスイスイと通っていきます。やはり餌や母鶏の健康に気を使ったブランドたまごは、丁寧に手をかけられた味がしますね。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください