トップ > 国内 > 

岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」(北海道)をお取り寄せ

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」(北海道)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」は、鰊御殿が建つほど豊漁だった地に伝わる漁師めし

(写真は楽天市場より)

和次郎とは、明治から大正にかけてニシン漁で沸いていた岩内町に実在した漁師の名前。そんな実在した漁師と今や幻となった豊漁のニシンを彷彿とさせるストーリー性あふれる商品が岩内鰊和次郎の「伝統の漁師めし(糠にしんの茶漬け)」です。

ニシンといえば、筆者のイメージは身欠きニシンなんですが、その身欠きニシンの加工で有名なのが岩内町なんですって。恥ずかしながら、成人のころまで「磨き」ニシンだと勘違いしていました。だって照りをだした煮物の見た目が、磨かれたみたいだという意味かと・・・・・・。ニシンおよび岩内町の皆様、大変申し訳ございませんでした。

いや、話しを戻しましょう。そう、ニシンです。これを食べてびっくりしたんですよ。まず皮の模様がアートっぽくてカッコいいことに。そして、やわらかさというか、舌の上で細かな繊維質がほどけていくようななめらかな食感に。

ニシンって、飼料になるような魚なのにこんな感じなんだと(再度失礼な物言い申し訳ございません)。もうひとつ感心したのが、きれいにエッジがたった身がパックから転がり出て、崩れることなくご飯の上に鎮座してくれたこと。

長年培ってきたニシンの加工技術があるからか、とても美しい切り口でした。塩気も丁度よく、燻製っぽいニシンと相まって味わい深いお茶漬けです。

(写真は楽天市場より)

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください