トップ > 国内 > 

バス釣り初心者必見! バス釣りするために揃えるべき道具はこれ

この記事をシェアしよう!

バス釣り初心者必見! バス釣りするために揃えるべき道具はこれ

90年代の第一次バス釣りブーム。バス釣り関連のアニメやゲームが発売され、バス釣りをする芸能人がメディアに取り上げられ、ルアーなどの商品は即完売。
当時、小学生だった私は第一次バス釣りブームにのって、バス釣りを始めました。
その後、ブームは落ち着きましたが、今でもバス釣りは人気です。

小学生の頃は、お小遣いやお年玉で道具を買い、足りないものは自作(木片を削ってルアーを作ったり)して補ったのも懐かしい記憶。
社会人になり金銭的余裕ができると、毎月の給料を待っては欲しかった道具を買い足すように。
気付けば、エントリーモデルからハイエンドモデルまであらゆる道具を愛用してきました。

長年、いろいろな道具を試し、使ってきた経験をもとに「これからバス釣りをはじめる」という方に、最初に買うべき道具を紹介します!

まずはバス釣りの魅力を動画で再確認!

バス釣りの特徴

バス釣りの特徴
いろいろなルアーで釣れるブラックバス

バス釣りは「スポーツフィッシング」と呼ばれるほど、多種多様な釣り方ができるのが特徴。

流行りの釣り方というのが時代によって存在はするのですが、こだわりを持った自分のスタイルを貫くバサー(ブラックバス釣りをする人を「バサー」と呼称します)も多くスタイルによって必要な道具は変わってきます。

「バスプロ(ブラックバスバス釣りのプロ)」と呼ばれるブラックバス釣りのトーナメントで釣果を競うバサーもいますが、一般のバサーは釣果よりもスタイルに重きを置く人が多いのもブラックバス釣りの面白いところです。

バス釣りの代表的なスタイル

バス釣りの代表的なスタイル
大きいサイズから小さいサイズまであるルアー

ブラックバス釣りの面白いところはバサーによって釣果の価値観が異なることです。「誰よりも数を釣る」や「大物を釣る」ことに価値を持つバサーだけでなく、「どのように釣るか」や「何で釣るか」に重きを置くバサーも多いです。

ビッグベイター・・・ビッグベイトと呼ばれる規格外の大きなルアーを使うロマン溢れるスタイル。大物サイズを狙っている人が多い印象。

フィネススタイル・・・ビッグベイトとは逆に極小のルアーを繊細に操るスタイル。サイズよりも何匹釣ったかの数釣りや、難しいフィールドでの1匹を目標としている人が多い印象。とにかく繊細です。

トッパー・・・トップウォータープラグと呼ばれる沈まないルアーのみを使用するスタイル。水面に魚を誘いだす釣り方。水温が低いと魚は表層に上がってこないのでトップシーズン以外は難しい釣り方。

上記以外にもたくさんのスタイルがあり、スタイルごとに使用する道具が変わります。

最初は幅広くいろいろなスタイルに使用できる万能な道具を用意するのがおすすめ!徐々に自分のスタイルを確立していきましょう!

今回は、これからブラックバス釣りを始めようとしている方に、「最低限これだけは揃えなければいけない道具」と「あると便利な道具」をご紹介します。

バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具

バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具
ベイトリールがバス釣りにはおすすめ

それではバス釣り初心者の方が買うべき道具をご紹介。

ロッド(ベイトリール用)、ベイトリール、ライン(ベイトリール用)、プライヤー、タックルケース、タックルバッグ、偏光サングラスの8カテゴリーに分けて紹介していきますよ。

>>ロッド(スピニングリール用)、スピニングリール、ラインなどあるとバス釣りがさらに便利になる道具特集記事はこちら

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】1.ロッド(ベイトリール用)

幅広く万能的に使えるバーサタイルと呼ばれるロッドがおすすめ。ロッドは「ベイトリール用」と「スピニングリール用」があり、リールの種類に合わせたロッドを用意します。ベイトリールとスピニングリールの両方を揃えると使えるルアーの幅が広がりますが、どちらか一つということならば「ベイトリール用」がおすすめです。

扱いが簡単なのはスピニングリール(右)だがおすすめはベイトリール(左)

スピニングリールの方が扱いは簡単ですが、ベイトリールに比べ使用できるルアーが限定されてしまいます。幅広いルアーを使用できるという点を重視して選ぶならベイトリール。

シマノの「バスワン XT 162ML2」や「20ゾディアス 1610M」が最初の一本に最適。どちらのロッドも入門ロッドとして長年の信頼と実績があるだけでなく、最大手ブランドであるシマノの性能を存分に搭載しているコストパフォーマンスに優れたモデル。

低価格帯のロッドは重いと言われますが、近年の製造技術の進歩により驚くほど軽量に仕上がっています。また「バスワン XT 162ML2」や「20ゾディアス 1610M」は、ともに短いロッドなので重さが負担になることはないでしょう。

エントリーモデルでも大手メーカーのロッドであれば性能は十分なので、ロッドの取り扱いに馴れてから高価格帯のロッドを検討することをおすすめします。

 

おすすめのロッド(ベイトリール用)①:シマノの「バスワン XT 162ML2」

画像:Amazon

おすすめのロッド(ベイトリール用)②:シマノの「20ゾディアス 1610M」

画像:Amazon

>>ロッド(スピニングリール用)、スピニングリール、ラインなどあるとバス釣りがさらに便利になる道具特集記事はこちら

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】2.ベイトリール

ロッドのおすすめで紹介しましたが、リールには「ベイトリール」と「スピニングリール」という種類があります。両方揃えるのが理想ですが、最低限ということであればベイトリールを用意しましょう。

大手メーカーで1万円程度のリールであれば性能も十分なので、選ぶときの基準にするとよいでしょう。値段が上がればその分、性能も良くなっていきますがエントリーモデルでも性能は十分。

おすすめはシマノの「バスワンXT」。エントリーモデルですが筆者も使用しているリールです。ハイエンドモデルと比較すると、安価な素材を使用しているので持った時の安っぽさは否めませんが、性能面で不便を感じることはありません。実売価格10,000円以下のモデルということもありコストパフォーマンス抜群。

 

おすすめのベイトリール:シマノの「バスワンXT」

画像:Amazon

 

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】3.ライン(ベイトリール用)

ラインはたくさんの種類、それぞれの太さ(「lb」と表記されています)があります。数ある中でも最初は「ナイロン素材」の「16lb」がおすすめ。

16lbはバス釣りの中では「やや太め」ですが、魚が釣れた際に糸が切れてしまうラインブレイクというトラブルを少なくすることができるので初心者は太めのラインを使うと良いでしょう。

サンヨーナイロンの「アプロード GT-R ウルトラ」はしなやかなので、トラブルが少なく快適に釣りができます。他のメーカーのラインよりやや高めの価格になりますが、適度な伸びとラインの耐久性も評価されているので安心。

安価なラインは扱いが難しくトラブルを発生させる原因となることが多々あるので注意しましょう

 

おすすめのライン(ベイトリール用):サンヨーナイロンの「アプロード GT-R ウルトラ 16lb」

画像:Amazon

>>ロッド(スピニングリール用)、スピニングリール、ラインなどあるとバス釣りがさらに便利になる道具特集記事はこちら

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】4.ルアー(ハードベイト)

バス釣りには何百、何千という数のルアーがあります。

流行りの最新ルアーを選ぶのも良いですが、おすすめは昔からある定番の「レジェンドルアー」。流行り廃りの多いバス釣り業界で、廃盤にならずに発売され続けているということは釣れているルアーという証拠。

初心者におすすめのルアーは「ただ巻いて」釣れるルアー。

クランクベイト・・・リップ部分が抵抗となり巻くとルアーが潜るルアー。リップの長さでどの深さを狙うかが変わります。ダイワの「ピーナッツ II」 は、SSR、SR、DRと潜る深度が違うタイプがラインナップされているので、いろいろな深さを狙うことができます。
値段も安価なのでまずはピーナッツⅡを揃えてみるのがおすすめ!

バズベイト・・・プロペラが回転し水面でアピールするルアー。暖かい時期に活躍します。おすすめはデュオの「レアリスバズベイト」。
ルアーのウェイトバランスがキャストに向いた後方重心。大きな音でアピール力も高いので良く釣れます。

スピナーベイト・・・金属のブレードでアピールするルアー。リールを巻くスピードを変えることでどの深さを狙うかが変わります。

メタルバイブ・・・形状から「鉄板」と呼ばれることも。小型で重量があるのでキャストしやすいルアー。

 

おすすめのルアー①:ダイワの「ピーナッツ II」(クランク)

画像:楽天市場

おすすめのルアー②:デュオの「レアリスバズベイト」(バズベイト)

画像:楽天市場

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】5.プライヤー

プライヤーとは釣り用のペンチのこと。釣ったバスの口から針を外すのに使用します。ラインカッター機能が付いたモデルを選ぶと便利です。

プライヤーは小さなマイクロサイズから大型のものまでありますが、バス釣りにまだ馴れていない場合は大きめのロングノーズタイプのプライヤーがおすすめです。魚から針を外す時にプライヤーが小さいと、魚が暴れた衝撃で針が手に刺さってしまうなどの怪我をしてしまうことも。

プライヤーのおすすめはジークラックの「ビッグゲームプライヤー」。このプライヤーはオリジナルソフトグリップが採用されており、グリップが滑りにくく力を入れやすいのがポイント。

ロングノーズになっているので、雷魚などの口をなかなか開けてくれない魚種が釣れてしまっても針を外しやすいので安心です。先端のスプリットリングオープナーや、ラインカッター機能も付いていますよ。

 

おすすめプライヤー:ジークラックの「ビッグゲームプライヤー」

画像:Amazon

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】6.タックルケース

タックルケースは、ルアーを入れるプラスチック製のケースのこと。ルアーには針が付いているので持ち運ぶ際にはケースが必要となります。

タックルケースはメイホウの「バーサス」シリーズが定番です。さまざまな大きさや仕切りタイプのケースがあるので、持っているルアーの数や大きさに合わせて選びましょう。

 

おすすめタックルケース①:メイホウの「バーサス・VS-3010ND」

画像:Amazon

おすすめタックルケース②:メイホウの「バーサス VS-3010NDM」

画像:Amazon

おすすめタックルケース③:メイホウの「バーサスSFC VS-706(ルアータイプ) L」

画像:Amazon

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】7.タックルバッグ

タックルボックスやプライヤーなどを入れるバッグ。様々なタイプのバッグがあるので好みに合わせて選びましょう。

釣りメーカーのタックルバッグであれば、どれも釣りのシチュエーションを考慮して設計されています。バッグに関しては、お気に入りのデザインで選びましょう。

 

おすすめのタックルバッグ①:コロンビアの「バイパーリッジ」(ショルダーバッグ)

画像:Amazon

おすすめのタックルバッグ②:メイホウの「ウエストハンター」(ウェストボックス)

画像:Amazon

おすすめのタックルバッグ③:ダイワの「D ヒップバッグ」(ヒップバッグ)

画像:Amazon

おすすめのタックルバッグ④:アブガルシアの「ランガンメッセンジャーバッグ」(メッセンジャーバッグ)

画像:Amazon

【バス釣り初心者が最低限揃えるべき道具】8.偏光サングラス

水面に反射している光を遮り、水中の様子を伺うことができる偏光サングラス。水中の障害物や、魚の有無など状況を把握するための情報は釣果アップの秘訣です。

また、釣り場では不意に他人のルアー(時に自分のルアー)が飛んでくることもあるので、そのような危険から目を保護する役割も果たします。

付けたり外したりすることが多い偏光サングラス、水辺での使用になるので水に浮くフローティングタイプを選ぶと安心。シマノの「フローティングフィッシンググラス」はしっかりしたフレームで掛け心地も良くおすすめですよ。

おすすめの偏光サングラス:シマノの「フローティングフィッシンググラス」

画像:Amazon

道具を揃えてバス釣りに行きましょう!

道具を揃えてバス釣りに行きましょう!
道具が揃えば後は釣るだけ!

バス釣りをはじめるために必要な道具を紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

バス釣りは道具が多いので選ぶ楽しみもありますが、知識がないと困ってしまいますよね。選択は無限大にあり正解のない道具選び、最初は基本を抑えた道具で始めるのがおすすめです。

今回紹介した道具はほとんどが日本のメーカーのものになりますが、バス釣りはアメリカ発祥のスポーツ。最初は扱いやすく信頼の高い国内メーカーの道具がおすすめですが、馴れてきたら本場アメリカのメーカーの道具を使用してみるのも面白いですよ。

旅行、デジタルガジェット、釣りが趣味のノマドワーカー、ドローン講師。各地の観光情報、空撮や360度カメラなどを活用した美しい映像を発信していきたいです。最近は造園業も始めました。

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください