トップ > 全国 > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 知床 > ウトロ・斜里

ウトロ・斜里

ウトロ・斜里の概要、観光・旅行情報

ウトロ・斜里の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

ウトロ・斜里の概要、観光・旅行情報

  • スポット:96 件
  • 記事:13 件

オホーツク海と知床半島を擁する道東の一大観光地

世界遺産の知床半島をめぐるクルーズや、流氷接岸、温泉など、ダイナミックな自然が豊富なエリア。ウトロ港近くの巨岩オロンコ岩の急な石段を登ると、頂上からはウトロの町や青いオホーツク海が望める。温泉の川「カムイワッカ湯の滝」は、落石の危険があるため、滝の上部への立ち入りが制限された。羅臼岳と硫黄山の麓に広がる原生林の中にある知床五湖では、地上遊歩道と高架木道を利用した2通りの散策が楽しめる。

ウトロ・斜里のおすすめスポット

オシンコシンの滝

日本の滝百選に選ばれた双美の滝

国道334号沿いにある知床半島最大の滝。滝は途中で二筋に分かれるため“双美の滝”の名もある。滝の上には散策路があり、頂上には展望台がある。駐車場近くには売店も。

オシンコシンの滝

オシンコシンの滝

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで42分、オシンコシンの滝下車すぐ
料金
情報なし

道の駅 うとろ・シリエトク

午後3時までなのでランチにおすすめ

地元産にこだわった、旬の海鮮メニューが揃う道の駅内のレストラン。春は時鮭、夏はカラフトマスかオホーツクサーモン、秋・冬は一等検鮭と、旬のサケを使った料理が味わえる。仕入れによってメニューが変わり、貴重な魚介が丼や刺身膳で登場することも。

道の駅 うとろ・シリエトク

道の駅 うとろ・シリエトク

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-8
交通
旭川紋別自動車道遠軽瀬戸瀬ICから国道333号・39号・334号を斜里方面へ車で165km
料金
知床産時鮭の親子丼=1850円/無添加醤油イクラ丼=2150円/知床産エゾ鹿肉のソースカツ丼=1250円/知床産ホッケ焼膳=2050円/蝦夷鹿肉のカレー=1000円/知床産滑太カレイ=1450円/羅臼昆布ラーメン=324円/鮭の切り身真空パック=216円(一塩甘口)、216円(熟成山漬)、468円(スモークサーモン)/鹿ジャーキー=540円/こけももロールケーキ=1400円/手作りでんぷんだんご=270円/

カムイワッカ湯の滝

川全体が流れる温泉、秘湯の名にふさわしい湯

活火山である知床硫黄山の中腹から流れる温泉が川に流れ込み、川全体が流れる温泉と化している。いくつか滝壺があり、かつてはそれらの秘湯で入浴を楽しめたが、落石の危険があるため、現在足を運べるのは下流の一の滝まで。沢を登るので滑りにくい靴と下半身は濡れる覚悟を。水温が約30度とぬるめなので足湯として楽しもう。

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝

住所
北海道斜里郡斜里町知床国立公園内
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、ウトロ温泉バスターミナル下車、タクシーで50分(夏期はシャトルバスあり、要問合せ)
料金
情報なし

名水 来運の水

知る人ぞ知る願いが叶う水

来運公園内にある隠れた名所。秀峰斜里岳に積もった雪が数十年の歳月を経て湧き出ていると言われている。水温は摂氏6度前後で夏は冷たく、冬は凍らない。

名水 来運の水

名水 来運の水

住所
北海道斜里郡斜里町来運
交通
JR釧網本線知床斜里駅からタクシーで15分
料金
情報なし

フレペの滝

野生動物との出会いも期待できる

ウトロ灯台の南、オホーツク海に面した断崖に地下水が湧き出して落ちる滝。水量が少ない涙のような滝なので、通称、乙女の涙とも。知床自然センターから徒歩20分ほどだ。

フレペの滝

フレペの滝

住所
北海道斜里郡斜里町遠音別村
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バス知床五湖方面行きで1時間、知床自然センター下車、徒歩20分
料金
情報なし

おすすめスポットをもっと見る

ウトロ・斜里のおすすめの記事

【知床】ウトロの鮮魚グルメ!ここなら間違いなし!

知床半島のオホーツク海側に面しているウトロ漁港では、定置網を中心に沿岸漁業が盛んだ。水揚げの8割以上をサケ、マスが占め、その漁獲量は道内トップクラス。そんなウトロ漁港で獲れた新鮮な魚介を使った海鮮丼や...

知床【カムイワッカ湯の滝】天然温泉が流れる湯の滝へ!

【体験のツボ】雨の日はとくに危ないのでNG・所要時間30分・体力度★☆☆川の中は滑りやすいので危険・難易度★★☆沢登りの初歩の知識と技術が必要・服装両手には何も持たず、リュックサックで

知床【フレペの滝遊歩道】おすすめポイントをチェック!

【体験のツボ】傘ではなく、レインウエアを持参のこと・所要時間1時間・体力度★☆☆初心者でも安心・難易度★☆☆道も広いため、非常に歩きやすい・服装ハイヒールやサンダルはNG

【知床】旅の出発前に知っておきたい観光情報をチェック!

知床半島はエゾマツやトドマツが生い茂り、絶滅危惧種を含む野生動物が生息する場所。オホーツク海や根室海峡に面し、サケやキンキなどの魚介類も豊富に獲れる。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください