トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 弘前・津軽半島 > 龍飛崎・十三湖

龍飛崎・十三湖

龍飛崎・十三湖の概要、観光・旅行情報

龍飛崎・十三湖の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

龍飛崎・十三湖の概要、観光・旅行情報

  • スポット:50 件
  • 記事:3 件

半島最先端の風の岬とシジミの採れる汽水湖

津軽半島の先端にある龍飛崎は、青函トンネルの青森県側の入口で、龍が飛ぶかのように強い風が吹き付けることが名の由来。突端には「龍飛埼灯台」があり、全国でもここしかない362段の「階段国道」が岬下と灯台を結んでいる。十三湖は海水と淡水が混じった汽水湖で、ヤマトシジミの産地として知られる。湖周辺にはシジミ料理の店も多くあり、シジミの味噌汁はもちろん、シジミラーメン、シジミの釜めしなどが味わえる。

龍飛崎・十三湖のおすすめスポット

高野崎

奇石が突き出た迫力ある景勝地

奇岩・怪岩が突き出した景勝地。晴れた日は龍飛岬や下北半島、北海道まで望むことができる。岩場へと続く潮騒橋と渚橋は、満潮時には海に隠れてしまうほどであり、荒々しく豪快な風景が広がる。

高野崎

高野崎

住所
青森県東津軽郡今別町砂ヶ森
交通
JR北海道新幹線奥津軽いまべつ駅から今別町営海岸方面循環バス宇田回転所行きで16分、高野崎下車すぐ
料金
情報なし

龍飛崎

北海道も望める津軽半島の最北端

津軽半島の突端に位置する岬。龍が飛ぶかのように強い風が吹くことが名前の由来。突端には龍飛埼灯台があり、全国唯一の362段の階段国道339号が岬下と灯台を結んでいる。

龍飛崎

龍飛崎

住所
青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍飛
交通
JR津軽線三厩駅から外ヶ浜町営バス龍飛崎灯台行きで35分、終点下車すぐ
料金
情報なし

津軽海峡冬景色歌謡碑

岬の風に吹かれながら聞く「津軽海峡冬景色」は格別

歌手の石川さゆりが歌って大ヒットした「ごらんあれが龍飛岬北のはずれと…」と歌い始める「津軽海峡冬景色」の歌碑で、ボタンを押すと楽曲が流れる。

津軽海峡冬景色歌謡碑

津軽海峡冬景色歌謡碑

住所
青森県東津軽郡外ケ浜町三厩宇鉄
交通
JR津軽線三厩駅から外ヶ浜町営バス龍飛崎灯台行きで35分、終点下車すぐ
料金
情報なし

竜泊ライン

津軽海峡を望む絶景の海岸道路

津軽半島最北端の西側海岸線を走る小泊から竜飛崎までの区間。荒々しい日本海を眺望しながら走る南側の海岸道路は、途中から一気に山岳道路と化し、海と山の両方の道路を楽しめる。

竜泊ライン

竜泊ライン

住所
青森県北津軽郡中泊町小泊~竜飛岬
交通
津軽自動車道五所川原北ICからこめ米ロード、国道339号を小泊方面へ車で42km
料金
無料

十三湖

ヤマトシジミと歴史の湖

海水と淡水が混じった汽水湖でヤマトシジミの名産地。青森で3番目に広い湖でもある。湖畔には、豪族・安藤氏が築いたという幻の中世都市十三湊(とさみなと)の遺跡も発見されている。

十三湖

十三湖

住所
青森県五所川原市十三
交通
JR五能線五所川原駅から弘南バス十三湖方面行きで1時間20分、十三下車すぐ
料金
情報なし

おすすめスポットをもっと見る

龍飛崎・十三湖のおすすめの記事

青森【下北半島】本州最北端を1泊2日でめぐるドライブ

四方を海に囲まれた下北半島は、本州最北端の地。異世界のような景観が広がり、最高級のマグロやウニなど、ほかでは出会えない魅力に満ちあふれている。ぐるっと一周ドライブへ!

青森【十三湖・龍飛崎】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

十三湖や龍飛崎など、自然を感じられる風光明媚な場所が点在。十三湖周辺では名産のしじみを使った料理が味わえる。青森らしさあふれる奥津軽いまべつ駅も必見。

青森【津軽半島】絶景ドライブ!おすすめスポット!

奥津軽いまべつ駅でレンタカーを借り、津軽半島の先端部をまわるコース。龍飛崎などの絶景はもちろん、途中で味わえる海鮮料理も魅力的。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください