トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 会津・磐梯 > 檜枝岐

檜枝岐

檜枝岐の概要、観光・旅行情報

檜枝岐の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:28 件
  • 記事:3 件

平家の落人伝説が残る山里の温泉と素人歌舞伎

尾瀬の福島県側の入口にあたる檜枝岐は平家の落人伝説が残る山あいの村。檜枝岐川沿いに「尾瀬檜枝岐温泉」が湧き、宿が建ち並ぶ。「森の温泉館アルザ尾瀬の郷」や「燧の湯」、「駒の湯」などの気楽に立ち寄れる共同浴場もある。年4回行われる「檜枝岐歌舞伎」は、出演者から裏方まですべて住民によって行われる伝統芸能だ。

檜枝岐のおすすめスポット

旅館ひのえまた

木の温もりが心地いい檜風呂を満喫

大浴場は檜造りと石造りの2種類あり、どちらも檜の露天風呂が付いている。蜂の巣やまたたびなど本格的な山人料理が味わい深い。そば粉を100%使用した裁ちそばも美味。

旅館ひのえまた

旅館ひのえまた

住所
福島県南会津郡檜枝岐村居平705
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス沼山峠行きで1時間20分、桧枝岐中央下車すぐ
料金
1泊2食付=14190円~/外来入浴(12:00~14:30)=500円/

会津駒ヶ岳

福島県第二の高峰。山頂までの道に広がる草原は高山植物の名所

会津駒ヶ岳は標高2133mで福島県第二の高峰。駒ノ小屋から山頂にかけては、草原が広がり、高山植物もきれい。残雪が多く、尾根には初夏のころまで残雪が残っている。

会津駒ヶ岳

会津駒ヶ岳

住所
福島県南会津郡檜枝岐村滝沢
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス沼山峠行きで1時間16分、駒ヶ岳登山口下車すぐ
料金
情報なし

道の駅 尾瀬檜枝岐

尾瀬や地元桧枝岐の観光情報を発信

レストランや土産店が入る尾瀬の郷交流センターと、木工品展示販売所、木の資料館が建つ。山旅案内所を名乗る観光案内所もあり、尾瀬や村内の観光情報を発信する。

道の駅 尾瀬檜枝岐

住所
福島県南会津郡檜枝岐村見通1136-1
交通
東北自動車道西那須野塩原ICから国道400・121・352号を桧枝岐方面へ車で87km
料金
施設により異なる

オートキャンプ尾瀬街道

草花やハーブがかわいい

道路を挟み2カ所にサイトがあり、どちらも木立が多く過ごしやすい。尾瀬や会津駒ヶ岳登山、温泉巡りにも好立地。

オートキャンプ尾瀬街道

オートキャンプ尾瀬街道

住所
福島県南会津郡檜枝岐村大根卸66-1
交通
東北自動車道西那須野塩原ICから国道400号・352号で檜枝岐へ。役場の先道沿い左手に現地。西那須野塩原ICから90km
料金
サイト使用料=オート1張り3000円(2人までは1人1000円)、AC電源使用料1日500円/宿泊施設=バンガロー1人2500円/

開山

女将が手打ちでそばを打つ、おふくろの味

そばがメインの食事処。つなぎを一切使わずに仕上げた裁ちそばに、とろろや大根おろし、なめこなどたくさんの薬味を添えていただく。そばがきも好評だ。

開山

開山

住所
福島県南会津郡檜枝岐村上ノ原537-3
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス沼山峠行きで1時間20分、上の原下車すぐ
料金
もりそば=900円/そばがき=500円/そばもち=500円/だんご=300円/

おすすめスポットをもっと見る

檜枝岐のおすすめの記事

福島随一の秘境【檜枝岐】から花咲く【尾瀬】への列車旅!

浅草から「特急リバティ」が南会津まで運行し、秘境といわれた檜枝岐にアクセスしやすくなった。伝統芸能の檜枝岐歌舞伎など独自の文化が残る檜枝岐村や、美しい湿原・尾瀬沼の散策を楽しもう。

【福島】人気おすすめ日帰り温泉をチェック! 名湯ぞろい!

秘湯ムードあふれる温泉から眺めのいい露天風呂まで、日帰りで利用できる名湯が福島にはたくさんある。自分好みの湯を見つけに、出かけてみよう。

【福島】道の駅ガイド!美味しいものがいっぱい!

新鮮な採れたて野菜や地元の特産品が集まる道の駅。ご当地グルメを楽しめる施設も多いので、旅の途中に立ち寄りたい必須スポットだ。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください