トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > つくば・霞ヶ浦 > 筑波山

筑波山

筑波山の概要、観光・旅行情報

筑波山の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで筑波山をご紹介します。

  • スポット:43 件

紫峰の別名を持ち、関東平野を見下ろすようにそびえる

朝夕の山肌が紫色に見えることから『紫峰』とも呼ばれる筑波山は、古くからの信仰の山で、日本百名山のひとつとされる。男体山と女体山の2つの山頂を持ち、それぞれの山頂に向かい、「筑波山ケーブルカー」と「筑波山ロープウェイ」がのびる。百名山の中では最も標高が低いが、関東平野の展望台として親しまれ、雄大な景観が楽しめる。麓には筑波山をご神体とする「筑波山神社」が鎮座し、その門前には美肌の湯として知られる筑波山温泉郷がある。

筑波山のおすすめスポット

筑波山ホテル青木屋

大パノラマと湯浴みを同時に満喫

筑波山中腹にあるホテル。最上階に大浴場・露天風呂があり、空気の澄んだ冬の季節には富士山や東京スカイツリーが望める。日帰り入浴もあるので、ハイキング後に疲れを癒すことが出来る。

筑波山ホテル青木屋

筑波山ホテル青木屋

住所
茨城県つくば市筑波753-1
交通
つくばエクスプレスつくば駅から関東鉄道筑波山シャトルバスつつじヶ丘行きで36分、筑波山神社入口下車、徒歩3分
料金
1泊2食付=12960円~/外来入浴(12:00~15:00)=大人1100円、小人550円/外来入浴食事付(12:00~15:00、客室利用、要予約)=5400円~/(入湯税150円別途)

そば ゐだ

噛むほどに味が広がるご主人の「作品」

林の中に溶け込んだ落ち着いた店構え。ご主人の「作品」であるそばは30回も噛めるほどコシが強い。鴨のステーキを焼きながらいただく鴨汁そばは、香ばしい匂いが食欲をそそる。

そば ゐだ

そば ゐだ

住所
茨城県つくば市筑波552-3
交通
つくばエクスプレスつくば駅からつくバス北部シャトル筑波山口行きで43分、終点下車、タクシーで5分
料金
鴨汁そば=2300円/つけそば=1100円/

筑波山梅林

筑波山中腹に広がる梅林

およそ4.5haの広大な敷地に、紅梅、白梅、緑がく梅など1000本あまりの梅が植えられている。晴れた日には東京都心の高層ビル群や富士山まで一望でき、関東の富士見百景にも選ばれている。梅の花の時期以外もアジサイやつつじ、ろう梅等が植えられており1年を通して楽しめる。梅の花の見頃は2月中旬~3月下旬。

筑波山梅林

住所
茨城県つくば市沼田
交通
つくばエクスプレスつくば駅から関東鉄道筑波山シャトルバスつつじヶ丘行きで36分、筑波山神社入口下車、徒歩10分
料金
情報なし

筑波山ケーブルカー

カーブや急勾配はスリル満点

筑波山神社左側の宮脇駅と山頂駅を結ぶ日本有数のケーブルカー。高低差約500m、所要約8分。四季折々の草花や、そびえる大木、奇石などが織りなす風景も楽しめる。

筑波山ケーブルカー

筑波山ケーブルカー

住所
茨城県つくば市筑波1
交通
つくばエクスプレスつくば駅から関東鉄道筑波山シャトルバスつつじヶ丘行きで36分、筑波山神社入口下車、徒歩15分
料金
片道=大人580円、290円/往復=大人1050円、小人530円/(団体割引あり、障がい者手帳持参で半額)

筑波山ロープウェイ

大パノラマが楽しみなゴンドラの旅

筑波山中腹のつつじケ丘から標高877mの女体山の間を約6分で結ぶロープウェイ。ゴンドラの大きな窓から眺める関東平野のパノラマと、間近に見える筑波山が美しい。

筑波山ロープウェイ

筑波山ロープウェイ

住所
茨城県つくば市筑波1
交通
つくばエクスプレスつくば駅から関東鉄道筑波山シャトルバスつつじヶ丘行きで50分、終点下車すぐ
料金
片道=大人620円、小人310円/往復=大人1100円、小人550円/(団体割引あり、障がい者手帳持参で割引あり)

おすすめスポットをもっと見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください