トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > つくば・霞ヶ浦 > 常総・守谷

常総・守谷

常総・守谷の概要、観光・旅行情報

常総・守谷の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:30 件
  • 記事:1 件

鬼怒川と利根川が流れ、歴史のある街が点在する

茨城県南西部の鬼怒川と利根川が流れるエリア。常総市の中心地、水海道地区は江戸末期には水運の拠点として栄えた街。徳川家康の孫・千姫にもゆかりがあり、古刹「弘経寺」には千姫の墓があるほか数多くの遺品が残る。江戸中期の歴史を伝える「水海道風土博物館坂野家住宅」は、国の重要文化財にも指定されている築300年の古民家。守谷にある「小菅家住宅表門」は、切妻造りの屋根が見事な上層農家の表門だ。

常総・守谷のおすすめスポット

アサヒビール茨城工場(見学)

原料や製造工程を見学

水と緑に囲まれたビール工場。関東平野を一望する地上60mの試飲会場・アイムタワーがシンボルだ。見学では、大型スクリーンでのビデオ観賞に始まり、原料展示、仕込室、製造ラインなどをめぐる。

アサヒビール茨城工場(見学)

アサヒビール茨城工場(見学)

住所
茨城県守谷市緑1丁目1-1
交通
つくばエクスプレス守谷駅からタクシーで10分(守谷駅から送迎あり、予約制)
料金
見学料=無料/むぎ茶(56パック入)=520円/

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

大人も子供も楽しめる自然豊かなミュージアム

自然・生命の仕組みや、地球の生い立ちなどを展示・解説。通常の自然史資料の展示に加え、雑木林・谷津田・沼など里山的環境を合わせもつ15.8haに及ぶ広大な野外施設や、川から海につながる水系の生体展示などがある。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

住所
茨城県坂東市大崎700
交通
東武アーバンパークライン愛宕駅から茨城急行岩井車庫行きバスで15分、自然博物館入口下車、徒歩15分
料金
本館野外共通入館料=一般540円、満70歳以上270円、高・大学生340円、小・中学生100円/企画展開催時=一般750円、満70歳以上370円、高・大学生460円、小・中学生150円/野外施設のみ利用料=一般210円、満70歳以上100円、高・大学生100円、小・中学生50円/(障がい者手帳、指定難病特定医療費受給者証提示で入館無料)

鬼怒川 竹やぶ

鬼怒川を眺めながらそばをいただく

茨城、長野、富山の玄そばを自家製粉し、主人が丁寧に打ち上げたそばは、豊かな風味と喉ごしのよさが魅力。基本は江戸前の細切りそば。そば殻ごと挽いた田舎せいろもある。

鬼怒川 竹やぶ

鬼怒川 竹やぶ

住所
茨城県守谷市板戸井1917-1
交通
つくばエクスプレス守谷駅からモコバスいこいの郷・板戸井ルート右回りで20分、大八洲農協前下車すぐ
料金
鴨つくねそば=1400円/田舎せいろ(20食限定)=870円/天せいろ=2160円/そばがき=1080円/

弘経寺

千姫の面影を偲ぶ静かな寺

応永21(1414)年開山と伝えられる古刹で、静閑な雰囲気が漂う。徳川家康の孫娘である千姫が第十世照誉了学上人に帰依していたのが縁で、ここには、数多くの遺品が残っている。

弘経寺

弘経寺

住所
茨城県常総市豊岡町甲1
交通
関東鉄道常総線水海道駅からタクシーで10分
料金
情報なし

お菓子の店 メープル

晴れた日にはテラスで味わおう

ふわふわのスポンジと甘さ控えめの生クリームやカスタードクリームで仕上げたケーキは、飽きのこないおいしさ。「リーフパイ」や一口サイズの「もりもりチーズ」も人気。

お菓子の店 メープル

お菓子の店 メープル

住所
茨城県守谷市松前台1丁目16-4
交通
つくばエクスプレス守谷駅から関東鉄道バス岩井バスターミナル行きで8分、市民交流プラザ前下車、徒歩3分
料金
リーフパイ=162円/もりもりチーズ=140円/コロネ=162円/

おすすめスポットをもっと見る

常総・守谷のおすすめの記事

【茨城】名物グルメ「常陸秋そば」 豊かな風味を楽しもう!

栽培の難しい品種としても知られる常陸太田のブランドそば。手間ひまかけて育てられる香り高いそばは、通をうならせる豊かな風味が特徴です。定番から創作料理、郷土料理まで極上のそばに出会う旅にでかけてみてはい...

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください