トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏

首都圏

首都圏の概要、観光・旅行情報

首都圏の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:13,079 件
  • 記事:571 件

日本の首都を抱え、多くの人が集まる大観光エリア

日本の首都、東京を中心に神奈川、埼玉、千葉に広がるエリア。東京には多くの繁華街があり、常に人が集まる。東京都庁がある新宿や若者の流行が生まれる渋谷、大人の街・銀座、アミューズメントが集まるお台場、そして伝統の街・浅草など、それぞれ個性を持った街がそろう。神奈川には異国情緒ただよう横浜と武家政治発祥の地・鎌倉。埼玉には、江戸の雰囲気を残す川越や自然の宝庫の秩父がある。千葉は房総の美しい海と渓流美のほか、東京ディズニーリゾートに代表されるエンターテイメントも豊富なエリアだ。

首都圏の観光まとめ記事

神奈川観光はこれでOK!おすすめの観光スポット27選

首都・東京都に隣接する神奈川県は、県内総生産・人口密度とも国内屈指でありながら、古の雰囲気を味わえる鎌倉や自然豊かな箱根など、個性あふれる観光エリアが存在します。今回は神奈川県のおすすめの観光スポット...

埼玉観光はこれでOK!おすすめの観光スポット20選

東西に長く1都6県に接する埼玉県。ノスタルジックな町並みが残る「小江戸」川越と秩父連峰に囲まれ自然美あふれる秩父の2つの観光メインエリアを中心に、おすすめの観光スポットをご紹介します。

千葉・房総観光はこれでOK!各エリアの魅力とおすすめスポット48選

首都圏から電車や車で日帰りできる距離にあり、お手軽に小旅行を楽しむことができる千葉県。県内には動物園や自然を楽しむレジャー施設が点在し、ファミリーに嬉しいスポットがいっぱい。三方を海に囲まれているため...

小江戸・川越観光の楽しみ方!必見スポットや町あるきのコツ、おすすめグルメも紹介

江戸時代に城下町として栄えた川越は、いまでも当時の風情が健在。国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも認定されています。そのほかにも、大正期の西洋建築や思わずのぞきたくなる横丁など、見どころがいっぱいで...

鎌倉観光はこれでOK!おすすめの観光スポットと各エリアの特徴

歴史ある寺社を中心にさまざまな見どころが集まる古都・鎌倉。首都圏から近く、基本的に徒歩で回れる気楽さで人気の観光地です。源頼朝が幕府を築いた地として知られ、現在も源氏ゆかりの寺院が点在する鎌倉。それら...

首都圏のプラン記事

東京近郊のおすすめドライブコース4選! 美しい絶景や海鮮を堪能しよう

季節も変わり過ごしやすい気候のもと、ドライブへでかけてみてはいかがですか。公共機関を使わないドライブであれば、「3密回避」はもちろんのこと、フットワークも軽く、観光スポットを効率良くめぐることができる...

秩父で聖地巡礼!『あの花』のスクリーンに映し出されたスポットめぐり

秩父といえば大自然というイメージがありますが、実は多くのアニメの聖地巡礼スポットを有する場所でもあります。2011年にテレビ放映された長井龍雪(ながい・たつゆき)監督のアニメ作品、『あの日見た花の名前...

千葉のおすすめドライブコース4選!美しい花々、色鮮やかな紅葉を見にいこう

秋の行楽シーズンを前にお出かけのプランをたてている方も多いのではないでしょうか。今年は新型コロナウィルスの影響で「3密回避」のお出かけであることは、外すことのできないポイントといえます。そこで、おすす...

自然のウォーターパーク「長瀞」で川下りやバーベキューを楽しもう!

2020年の春は外出を控え、一日の大半を室内で過ごす日々が多くなりました。育ち盛りのお子さまをもつファミリーなら特に、「夏こそは自然の中、思いっきり羽を伸ばしたい!」と、その時期を心待ちにしているので...

首都圏のおすすめスポット

鶴岡八幡宮

約800年の歴史を刻む源氏の氏神様

源頼朝公が由比郷(現材木座)にある御社を治承4(1180)年に現在地へ遷し、創建した。境内には本宮をはじめ、国の重要文化財が点在し、歴史を今に伝えている。桜やハス、ボタンや紅葉など、四季の彩りを楽しめる見どころも多く、一年を通して参拝者が絶えない。大石段を上った上宮からの眺めもよく、鎌倉の街を一望できる。例大祭や七夕祭、節分祭などの祭事も人気。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1-31
交通
JR横須賀線鎌倉駅から徒歩10分
料金
宝物殿=大人200円、小人100円/

銭洗弁財天宇賀福神社

霊水を見つけた源頼朝がご神体を祀った神社

霊水でお金を洗って心を清めて行いを慎めば、商売繁盛すると伝わる、人気のスポット。源頼朝が、巳年の文治元(1185)年の巳の月、巳の刻に夢のお告げで霊水を見つけ、祠を建てて宇賀神を祀ったのが始まり。後に北条時頼が巳年に、銭を洗って一族繁栄を願ったことが銭洗いの起源とされる。現在でも縁日の巳の日を中心に、参拝者が多い。鎌倉駅西口の散策を兼ねて立ち寄ろう。

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁財天宇賀福神社

住所
神奈川県鎌倉市佐助2丁目25-16
交通
JR横須賀線鎌倉駅から徒歩20分
料金
幸運の銭亀=1000円/おたから小判=300円/幸せ鈴御守=500円/巾着財布=300円/お供え用のろうそくと線香(一式)=100円/御宝銭=300円/

長谷寺

見どころが多い山の斜面に広がる境内

天平8(736)年の創建と伝えられる。山の斜面に、裾野の下境内と中腹の上境内がある。上境内には、本尊の十一面観音菩薩像を安置する観音堂をはじめ、主要な堂宇が建ち並び、海や街並みを一望する見晴台、傾斜地を利用した眺望散策路がある。本尊の観音像は、奈良の長谷観音と同じ霊木で造られた2体の観音像のひとつが海に流され、三浦半島に漂着、鎌倉に移されたとの伝説がある。桜やアジサイ、紅葉と見どころが多い。

長谷寺

長谷寺

住所
神奈川県鎌倉市長谷3丁目11-2
交通
江ノ島電鉄長谷駅から徒歩5分
料金
拝観料=大人400円、小学生200円/願い叶うお守り=500円/てんとう虫のお守り=500円/ぼけ封じ=600円/学業守=500円/写経写仏体験(用紙代、道具あり、所要時間約30分~2時間)=1000円/身代わり鈴=700円/和み飴=378円(12個入)/一石一字経奉納=100円/(障がい者手帳持参で拝観料無料)

濃溝の滝

神秘的な光が水面を照らす、美し過ぎる滝として話題に

神々しい光が差し込む洞窟は、息をのむ美しさ。そんな画像がSNSに投稿され、注目を集めるスポットに。時間や天気によって刻々と表情が変化する。

濃溝の滝

濃溝の滝

住所
千葉県君津市笹清水渓流広場
交通
JR久留里線上総亀山駅からタクシーで10分
料金
情報なし

浅草寺

都内で最も古いお寺

約1400年に及ぶ長い歴史を誇る名刹。隅田川下流から引き上げられた聖観世音菩薩像を、郷司の土師中知(はじのなかとも)が供養したことに始まる。数々の歴史的建造物も見ごたえあり。

浅草寺

浅草寺

住所
東京都台東区浅草2丁目3-1
交通
地下鉄浅草駅から徒歩5分
料金
情報なし

おすすめスポットをもっと見る

首都圏のおすすめの記事

【横浜・神奈川】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

おでかけが少しずつ解禁されてきていますが、混雑が予想される「ザ・定番スポット」は避けているという方も多いのではないでしょうか?できることなら人混みを避け、オープンエアなスポットに足を運びたいところです...

ひとり鍋がアツイ!今こそ行きたいおすすめの東京ソロ鍋店

今、鍋の新たな主流となりつつあるのが、自分専用の鍋が用意された“一人一鍋”スタイル。好きなメニューをちょうどいいサイズで楽しめるので、ひとりで店を訪れる人が増えています。また“一人一鍋”スタイルなら、...

絵本の世界から飛び出そう!江ノ電に乗って子どもとプレミアムな旅に出る

新型コロナウイルスで外出自粛。大人も子どもも気分転換のおでかけができず、ストレスがたまる日々を過ごしておられるかもしれません。そんな中、「乗り物絵本」は親子で旅行気分が楽しめるお助けアイテム!今回は中...

【連載フォトエッセイ・第6回】ねこ写真家・関由香の「看板ねこ便り」清澄白河の焼き鳥屋「鳥満」後編

ねこ或る所へはどこへでも。逆も然り。訪れる先に看板ねこがいることの多きこと。今日も知らぬ間に呼び寄せられ、魅了されるのである--。(毎週月曜日に公開)>>前編から読む

【呪術廻戦・聖地巡礼】聖地&関連スポットを考察 27選 領域展開!

2018年に連載が始まり2020年10月にアニメ化、またたく間に人気作品となった『呪術廻戦』。メインとなる舞台は東京都で、描き込まれた背景から「あそこだ!」と思い当たる場所も少なくありません。東京近郊...

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください