トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 内房

内房

内房の概要、観光・旅行情報

内房の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:547 件
  • 記事:44 件

アクアラインが通じる首都圏屈指のレジャーエリア

房総半島の東京湾側のエリア。アクアラインやフェリーが通じ、対岸とのアクセスもよく、東京近郊のレジャーエリアになっている。のどかな海岸線には、海水浴場や潮干狩り場が点在し、また「マザー牧場」や「市原ぞうの国」、「東京ドイツ村」など、家族で楽しめる施設も多い。南房エリアは花の名所として知られ、四季折々の花を楽しむことができるが、特に春の菜の花は有名だ。養老渓谷には、滝と清流の絶景が広がり、秋の紅葉はさらに美しい。館山の寿司や木更津のアサリ、大貫の穴子、和田浦のクジラ料理などはぜひ味わいたい逸品だ。

内房の観光まとめ記事

千葉・房総観光はこれでOK!各エリアの魅力とおすすめスポット48選

首都圏から電車や車で日帰りできる距離にあり、お手軽に小旅行を楽しむことができる千葉県。県内には動物園や自然を楽しむレジャー施設が点在し、ファミリーに嬉しいスポットがいっぱい。三方を海に囲まれているため...

内房のおすすめスポット

濃溝の滝

神秘的な光が水面を照らす、美し過ぎる滝として話題に

神々しい光が差し込む洞窟は、息をのむ美しさ。そんな画像がSNSに投稿され、注目を集めるスポットに。時間や天気によって刻々と表情が変化する。

濃溝の滝

濃溝の滝

住所
千葉県君津市笹清水渓流広場
交通
JR久留里線上総亀山駅からタクシーで10分
料金
情報なし

マザー牧場

動物に囲まれて過ごす休日。季節の花や牧場グルメも

房総半島の丘陵地帯に広がるマザー牧場は、牧草地に牛や羊が暮らし、季節の花々が咲き誇る自然豊かな観光牧場で、たくさんの動物たちとふれあえる。アルパカにエサをあげたり、ウサギを抱っこしたり、こぶたのレースや羊たちのユニークなショーなども用意されている。牛の乳搾りなどの体験イベントは、子供たちに大好評。雄大な景色を眺めながらのジンギスカンや生乳たっぷりのソフトクリームも楽しみだ。

マザー牧場

マザー牧場

住所
千葉県富津市田倉940-3
交通
JR内房線佐貫町駅から天羽日東バス鹿野山行きで20分、マザー牧場下車すぐ
料金
入場料=大人1500円、小人800円、同伴犬700円/マザーファームツアーDX=大人1600円、小人900円/わくわくランド乗り放題セット券=大人4000円、小人3300円/

原岡桟橋

原岡桟橋

住所
千葉県南房総市富浦町原岡地先

鋸山

鋸山

住所
千葉県富津市金谷ほか

野島埼灯台

房総最南端で絶景を望む

房総半島の最南端に建つ、八角形をした白亜の灯台は、日本で最も古い洋式灯台のひとつ。最上部(灯塔踊り場)からは広大な太平洋が一望できる。野島崎公園には房総半島最南端の碑もある。

野島埼灯台

野島埼灯台

住所
千葉県南房総市白浜町白浜630
交通
JR内房線館山駅からJRバス安房神戸経由安房白浜行きで36分、野島埼灯台口下車、徒歩10分
料金
灯台参観寄付金=中学生以上200円/

おすすめスポットをもっと見る

内房のおすすめの記事

千葉のおすすめドライブコース4選!美しい花々、色鮮やかな紅葉を見にいこう

秋の行楽シーズンを前にお出かけのプランをたてている方も多いのではないでしょうか。今年は新型コロナウィルスの影響で「3密回避」のお出かけであることは、外すことのできないポイントといえます。そこで、おすす...

今こそ3密回避のアウトドア! キャンプ旅 in南房総・館山

都道府県をまたぐ行動の制限も解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況にあり、海外旅行や遠出はしばらく難しく、「マイクロ・ツーリズム」といって、近場の旅を楽しむという傾向がしばらくは続きそうです。こ...

大人気のマザー牧場を丸1日で大満喫!見どころ&おすすめプランをご紹介!

房総半島の丘陵地帯に広がるマザー牧場。自然に囲まれた環境でキュートな動物たちとふれあえる、関東屈指の人気スポットです。約250haの広大な敷地には、ヒツジやヤギなどの家畜をはじめ17種約1200頭の動...

千葉の交通案内 鉄道、バス

鉄道、バスで首都圏から楽々アクセス

千葉・房総のエリア別おすすめの宿

充実のスパリゾート、気軽な民宿など、多種多様な宿が勢ぞろい。でかけるエリア、予算などに合わせてチョイスしよう。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください