トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 成田・佐原・鹿嶋 > 成田 > 成田市街

成田市街

成田市街の概要、観光・旅行情報

成田市街の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで成田市街をご紹介します。

  • スポット:34 件
  • 記事:3 件

老舗が並ぶ歴史ある門前町で名物のウナギを堪能する

関東三大不動のひとつで千年余りの歴史を持つ「成田山新勝寺」の門前町として栄えた街。JR・京成各線の成田駅から新勝寺にかけての参道沿いには、名物のウナギやそば、甘味などの飲食店や漬物、せんべい、和菓子などのみやげもの屋、雑貨屋などが軒を連ね、散策するのも楽しい。成田のウナギは江戸時代に参拝客をもてなすために印旛沼や利根川で獲れたものを出したことが始まりで、当時から続く老舗もある。

成田市街のおすすめスポット

川豊

熟練の職人技が生み出す絶品うな重

明治43(1910)年創業のうなぎ専門店。割きたて、蒸したて、焼きたてをモットーに秘伝のタレを使って焼くうなぎは、ふわっととろけるような食感と香ばしさが記憶に残る。

川豊

川豊

住所
千葉県成田市仲町386
交通
JR成田線成田駅から徒歩11分
料金
上うな重=3100円/うな重=2500円/鯉の洗い=860円/きも吸=100円/

成田山新勝寺

関東屈指の名刹で多彩な御利益を授かる

真言宗智山派の大本山で、関東三大不動のひとつ。弘法大師作と伝わる不動明王像を本尊とし、「成田のお不動様」の名で親しまれている。出世開運、家内安全、商売繁昌など幅広い御利益でも有名。境内には仁王門や三重塔などの重要文化財が建ち並ぶ。大本堂奥には自然公園が広がり、散策するのも楽しい。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

住所
千葉県成田市成田1
交通
JR成田線成田駅から徒歩10分
料金
情報なし

蕎麦處 ふじや

黄色いそばが自慢の老舗

昭和9(1934)年からこだわりのそばを打ち続ける蕎麦屋。水の代わりに卵黄でつないだ「卵切りそば」は歯ごたえが良く、絶品。材料にこだわっているため、5人以上は前日までに予約必要だ。

蕎麦處 ふじや

蕎麦處 ふじや

住所
千葉県成田市幸町495
交通
JR成田線成田駅から徒歩9分
料金
卵切りそば(1人前、前日までに要予約)=850円/

後藤だんご屋

昔ながらの手作り団子

弘化2(1845)年創業。毎朝その日の分だけつく餅を使った焼き団子とあん団子が名物。夏は60年前の機械で作るかき氷や天草100%のところてんがおすすめ。

後藤だんご屋

後藤だんご屋

住所
千葉県成田市上町499
交通
JR成田線成田駅から徒歩8分
料金
焼き団子=450円/酢醤油ところてん=430円/黒みつのところてん=480円/あんだんご(3個)=450円/いなりずし(5個)=475円/

三芳家

庭を眺めてほっとひと息

参道から小道を入ったところにある隠れ家的茶屋。店の裏側は小さな滝とせせらぎのある和風庭園で、季節ごとに自然の趣を感じながらお茶や甘味が味わえる。

三芳家

三芳家

住所
千葉県成田市仲町386-2
交通
JR成田線成田駅から徒歩10分
料金
ピーナッツあべかわもち=800円/クリームあんみつ=800円/抹茶、たきあずきセット=1050円/くずきり=700円/抹茶(お菓子付き)=800円/

おすすめスポットをもっと見る

成田市街のおすすめの記事

千葉【成田山新勝寺】参道歩きで成田名物のお店めぐり

成田山新勝寺と、JR成田駅・京成成田駅とを結ぶ参道には、甘味処やおみやげ店が並ぶ。参詣後に訪ね歩いてみよう。

千葉【成田山新勝寺】「成田のお不動さま」で親しまれる名刹

全国から大勢の人が参詣する寺院。境内各所で開運厄除など、さまざまなご利益を授かり、建築美も楽しみながら、ぐるりとまわろう。

千葉ってこんなところ!エリアと王道スポットをご紹介

動物園やテーマパーク、寺社など見どころがめじろ押し!三方を海に囲まれているため、新鮮な魚介を味わえるエリアも多い。

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください