トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 山梨・富士山 > 富士山・富士宮・御殿場 > 沼津 > 三津

三津

三津の概要、観光・旅行情報

三津の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:7 件
  • 記事:6 件

海をテーマにした2大レジャースポットが定番

沼津の南部、内浦湾の入り江に位置する三津。美しい駿河湾の景色が広がる中に、「伊豆・三津シーパラダイス」と「あわしまマリンパーク」という2つのレジャースポットがある。「伊豆・三津シーパラダイス」は初めてイルカの飼育がされた水族館で、豪快なイルカやアシカのショーが見ものだ。「あわしまマリンパーク」がある淡島は三津浜沖に浮かぶ島で、島全体が自然公園となっている。島へは専用船で渡ることができる。

三津のおすすめスポット

伊豆・三津シーパラダイス

駿河湾を見渡せるロケーションが魅力

駿河湾を中心とした海の生き物を飼育。入り江を利用した施設内にはイルカやペンギンが野生に近い環境でのびのび生活している。世界遺産富士山を眺めながらのイルカショーは必見。

伊豆・三津シーパラダイス

伊豆・三津シーパラダイス

住所
静岡県沼津市内浦長浜3-1
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅から伊豆箱根バス伊豆三津シーパラダイス行きで25分、終点下車すぐ
料金
入場料=大人2200円、小人(4歳~小学生)1100円/(障がい者手帳持参で入場料5割引)

内浦漁協直営 いけすや

漁協直営の食堂

養殖真アジ「活あじ」を最も美味しい状態でいただける。地元のお母さんたちが作る活きの良い料理はそれまでのアジの価値観を変えるかも。

内浦漁協直営 いけすや

内浦漁協直営 いけすや

住所
静岡県沼津市内浦小海30-103
交通
JR東海道本線沼津駅から東海バス木負行きで40分、小海下車すぐ
料金
活あじ丼=880円/活あじのわさび葉寿司=980円/まご茶定食=980円/

沼津内浦漁協直営「いけすや」

内浦ならではの新鮮な魚を味わえる

内浦湾で養殖されたタイやハマチなどの活魚や職人によって作られたこだわりの干物を販売する。新鮮な養殖アジに地元のお母さんたちの愛情がこもった料理が食べられる食堂が一体化された施設。

沼津内浦漁協直営「いけすや」

住所
静岡県沼津市内浦小海30-103
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅から伊豆箱根バス伊豆三津シーパラダイス行きで25分、三津下車、徒歩10分
料金
活あじ丼=880円/二食感丼=980円/まご茶定食=980円/活あじのわさび葉寿司=980円/

安田屋旅館

太宰治が愛した富士山の見える老舗旅館

明治創業で国の有形文化財に登録される老舗旅館。太宰治が『斜陽』を執筆した宿としても有名。彼の泊まった角部屋の客室「松の弐番」は、今もそのまま「月見草」の名で使われている。

安田屋旅館

安田屋旅館

住所
静岡県沼津市内浦三津19
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅から伊豆箱根バス伊豆三津シーパラダイス行きで20分、終点下車すぐ
料金
1泊2食付=16200~32400円/外来入浴(12:00~14:00、18:00~20:00)=1000円/

あわしまマリンパーク

海に囲まれた緑豊かな小島

イルカやアシカ等が人気の水族館。多くの展示種数を誇るカエル館も好評。ほか、海岸遊歩道などもある。

あわしまマリンパーク

住所
静岡県沼津市内浦重寺186
交通
JR東海道本線沼津駅から東海バス大瀬崎方面・江梨行きで32分、マリンパーク下車すぐ
料金
入園料(島と陸の往復代、ショー観覧料、水族館、カエル館入館料込)=大人(中学生以上)1800円、小人(4歳以上)900円/(障がい者手帳持参で本人の入園料大人1000円、小人500円)

おすすめスポットをもっと見る

三津のおすすめの記事

漁港めし!【沼津港】駿河湾のアジと旬の地魚を味わう!

駿河湾のさまざまな魚介が水揚げされる沼津港。なんとあじの干物は生産量日本一。市場の周りにはたくさんの飲食店やみやげ物店が並んでいてにぎやか!

伊豆・三津【シーパラダイス】富士山と駿河湾を満喫できる!

自然の入江を利用した水族館は波の満ち引きも自然のまま。日本初のイルカ飼育をした水族館だけあって、富士山をバックに高レベルなイルカショーが見られる。NEWスポットも続々誕生し、いつ来ても新しい〝みとしー...

【伊豆】ミュージアム&テーマパークへGO!子どもも大人も大満足!

伊豆には家族みんなで楽しめるテーマパーク&ミュージアムがたくさん。上手にスケジュールを組んで、思い出をいっぱいつくりましょう。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください