トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 信州・清里 > 松本・安曇野・白馬

松本・安曇野・白馬

松本・安曇野・白馬の概要、観光・旅行情報

松本・安曇野・白馬の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

松本・安曇野・白馬の概要、観光・旅行情報

  • スポット:545 件
  • 記事:32 件

北アルプスを仰ぐ城下町や、わさびの里を訪ねる

北アルプスの峰々を望む、かつて塩の道と呼ばれた千国街道が通るエリア。玄関口でもある松本は「国宝松本城」がある城下町。市内には歴史的な見どころが点在するほか、近郊には浅間温泉や美ヶ原温泉も湧く。安曇野は北アルプスからの清冽な湧き水を利用したわさび栽培が行われており、のどかな田園風景の中にはユニークな道祖神が立つ。信濃大町は立山黒部アルペンルートの東の玄関口で、大町温泉郷はその拠点として便利だ。白馬はアウトドアレジャーの一大拠点で、四季折々の風景の中でさまざまな楽しみがある。

松本・安曇野・白馬のおすすめスポット

大王わさび農場

日本一のわさび農場を見学

1日12万トン湧く北アルプスの湧水を利用したわさび農場。15haにも及ぶ敷地は、日本一の広さを誇り、美しいわさび田や湧水を眺めての散策が楽しめる。わさびの白い花の見ごろは3月中旬~4月頃。

大王わさび農場

大王わさび農場

住所
長野県安曇野市穂高3640
交通
JR大糸線穂高駅からタクシーで10分
料金
入場料=無料/生わさび=500円~(1本)/本わさび丼=720円/わさびソフト=360円/わさびコロッケ=210円/わさびマヨネーズ=680円/

穂高神社

安曇野を開拓したとされる安曇族の祖神を祀る

安曇野を開拓したとされる、安曇族の祖神を祀る神社。上高地の明神池にあるのが奥宮で、こちらは里宮。境内の「御船会館」では、安曇族の歴史資料や御船祭りの山車などを展示。

穂高神社

穂高神社

住所
長野県安曇野市穂高6079
交通
JR大糸線穂高駅から徒歩3分
料金
御船会館=大人300円、中・高校生250円、小学生200円/

松本市美術館

郷土出身作家の名作にふれる

草間彌生の貴重な初期作品から最新作、上條信山の書、田村一男の油彩画など、郷土出身作家、松本ゆかりの作家の作品を常設展示。多彩な企画展も好評。

松本市美術館

松本市美術館

住所
長野県松本市中央4丁目2-22
交通
JR篠ノ井線松本駅から徒歩12分
料金
大人410円、高・大学生200円、中学生以下無料、企画展は別料金(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、常設展は松本市内在住の70歳以上無料)

HAKUBA MOUNTAIN HARBOR

HAKUBA MOUNTAIN HARBOR

住所
長野県北安曇郡白馬村北城

うさぎ平テラス

開放感あふれる雲上の絶景テラス

白馬・八方尾根のゴンドラリフトうさぎ平駅に併設する、標高1400mの天空レストラン。オープンテラスからは戸隠連峰や浅間山、八ヶ岳の絶景が広がる。

うさぎ平テラス

うさぎ平テラス

住所
長野県北安曇郡白馬村北城
交通
JR大糸線白馬駅からアルピコ交通八方方面行きバスで5分、八方から徒歩10分の八方ゴンドラ駅で八方尾根ゴンドラリフトに乗り換えて8分、終点下車すぐ
料金
うさぎ平の黒糖プリン=350円/

おすすめスポットをもっと見る

松本・安曇野・白馬のおすすめの記事

9月に始まる北アルプスの紅葉!絶景の「白馬乗鞍岳」ハイキング

北アルプスの入門登山に最適な乗鞍岳。一般的には、岐阜県と長野県にまたがる標高3,000m峰を指しますが、実はもう一つ、隠れた絶景の乗鞍岳が存在するのはご存知でしょうか?その名も「白馬乗鞍岳(はくばのり...

【立山山麓・上市町・信濃大町】人気おすすめスポット!

北陸新幹線・富山駅から便利な富山県側の玄関口長野県側の玄関口

【信州】おすすめ宿をチェック!

出かけるエリアが決まっているのなら、まずは近くの宿を要チェック。料理やお風呂、ロケーションなど、お気に入りの一軒を探してみよう。

【信州】一度は泊まってみたい名宿!

名所めぐりばかりが旅じゃない。一日の疲れを温泉で癒し、極上の料理に舌つづみを打ち、翌日への活力を蓄えることができる、そんな信州の名宿が大集合!

【塩尻ワイン】楽しみ方!ワインブドウの里でほろ酔い気分♪

世界のワイン愛好家から高い評価を受ける塩尻ワイン。ブドウ畑が広がるワインの銘醸地で、世界に誇る逸品を心ゆくまで味わおう。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください