トップ > 全国 > 東海・北陸 > 北陸 > 能登半島 > 能登金剛・門前

能登金剛・門前

能登金剛・門前の概要、観光・旅行情報

能登金剛・門前の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:53 件
  • 記事:2 件

日本海の荒波が造り出した絶景の数々とかつての曹洞宗の大本山

能登金剛は風光明媚な海辺の景勝地。日本最古の木造灯台が残る福浦港から北上すると、波の浸食でつくられた巌門や松本清張の小説の舞台となったヤセの断崖などの荒々しい海岸線が続き、鳴き砂の美しい琴ヶ浜へ出る。門前はかつて曹洞宗の大本山であった「大本山總持寺祖院」の門前町。火災により本山は移ったが、再建された建物が立つ。黒島地区は江戸時代の北前船の寄港地。黒瓦と格子戸が特徴の町家が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

能登金剛・門前の観光まとめ記事

能登観光の楽しみ方! 観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

能登は、半島全域が国定公園に指定されるほど自然豊かで風光明媚なエリア。海と山が多様な景観を織り成し、独特の農村文化も育まれています。今回は、そんな魅力が満載の能登半島へ行く前に知っておきたい観光情報を...

能登金剛・門前のプラン記事

能登観光の楽しみ方! 観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

能登は、半島全域が国定公園に指定されるほど自然豊かで風光明媚なエリア。海と山が多様な景観を織り成し、独特の農村文化も育まれています。今回は、そんな魅力が満載の能登半島へ行く前に知っておきたい観光情報を...

能登金剛・門前のおすすめスポット

巌門

荒ぶる日本海の力を実感

能登金剛を代表する景勝地。波の浸食で、松を抱いた断崖に大きな洞門ができたもの。奥行き約60mの洞門には遊歩道もある。

巌門

巌門

住所
石川県羽咋郡志賀町富来牛下
交通
JR七尾線羽咋駅から北鉄能登バス富来・門前行きで30分、高浜下車、タクシーで20分
料金
厳門遊覧船=大人1100円、小人550円/

ヤセの断崖

松本清張「ゼロの焦点」の舞台

松本清張の名作『ゼロの焦点』に登場する断崖絶壁。高さ35mの崖から一望する景観は、雲が浮かぶ青い空と白波の立つ紺碧の日本海がパノラマのように広がり、息をのむ美しさ。

ヤセの断崖

ヤセの断崖

住所
石川県羽咋郡志賀町笹波地内
交通
JR七尾線羽咋駅から北鉄能登バス富来・門前行きで1時間3分、富来下車、タクシーで24分
料金
情報なし

機具岩

機織の神様が残した夫婦岩

織物の神様が突如山賊に会い、とっさに背負っていた織機を海へ投げ込んだところ岩になったという伝説の岩。別名「能登二見」とも呼ばれている。

機具岩

機具岩

住所
石川県羽咋郡志賀町富来七海
交通
JR七尾線羽咋駅から北鉄能登バス富来・門前行きで55分、生神下車、徒歩5分
料金
情報なし

増穂浦海水浴場

レジャー環境もあり、澄んだ海水と真っ白な砂浜が美しい海水浴場

「日本の水浴場55選」のひとつに選ばれている、レジャー環境に恵まれた海水浴場。遠浅になっており、家族連れにも最適。

増穂浦海水浴場

増穂浦海水浴場

住所
石川県羽咋郡志賀町相神イ-3-1
交通
JR七尾線羽咋駅から北鉄能登バス富来行きで1時間5分、終点下車、徒歩30分
料金
無料

大本山總持寺祖院

禅僧が集う曹洞宗の古刹

元亨元(1321)年に瑩山紹瑾禅師が開山した、曹洞宗の古刹で、明治中期までは大本山として栄えた。風格ある七堂伽藍は見事。事前予約すれば座禅体験や精進料理を楽しむこともできる。

大本山總持寺祖院

大本山總持寺祖院

住所
石川県輪島市門前町門前1-18甲
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス門前行きで35分、終点下車、徒歩5分
料金
大人400円、高校生300円、中学生200円、小学生150円(団体30名以上割引あり、障がい者は半額)

おすすめスポットをもっと見る

能登金剛・門前のおすすめの記事

【能登】能登のお土産はこれ!スイーツから伝統工芸品まで

食材の宝庫であり、伝統の技も数多く受け継がれている能登。地元の食材を使ったスイーツから伝統工芸品まで、お土産にピッタリな素敵なものがいっぱいです。地元ならではの能登のお土産をゲットしましょう!

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください