トップ > 全国 > 東海・北陸 > 北陸 > 砺波・五箇山 > 福光・城端

福光・城端

福光・城端の概要、観光・旅行情報

福光・城端の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで福光・城端をご紹介します。

  • スポット:60 件
  • 記事:2 件

棟方志功が戦時疎開していた寺と蓮如上人開基の古寺

福光は、砺波平野の散居村が見渡せる医王山の懐に抱かれた町。版画家の棟方志功が戦時中に疎開したところで、多くの作品を残した。志功が最初に寄宿した「光徳寺」には華厳松の襖絵や書などが展示されている。城端にある「城端別院善徳寺」は、530年余の歴史を誇る蓮如上人開基の古刹で、加賀藩ゆかりの宝物を多数収蔵する。城端はこの寺の寺内町として、また絹織物の市場町として発展してきた。古い歴史と伝統文化が街並みに息づき、越中の小京都と謳われる。

福光・城端のおすすめスポット

南砺バットミュージアム

木製バットの生産量が日本一の地

王貞治、落合博満、イチローをはじめとした現役、往年のプロ野球選手のバット約500本を展示している。一部のバットは手にとって見ることができる。

南砺バットミュージアム

南砺バットミュージアム

住所
富山県南砺市福光6754協同組合東町商店会東会館 2~3階
交通
JR城端線福光駅から徒歩7分
料金
大人500円、小・中学生200円(障がい者半額)

ANGO 安居

また食べたくなる新食感スイーツ

創業明治42(1909)年の老舗菓子店。和洋のコラボ菓子「もちフィナンシェ」はくせになる食感。さくら、よもぎなど季節ごとに変わる風味も楽しい。

ANGO 安居

ANGO 安居

住所
富山県南砺市城端70
交通
JR城端線城端駅から徒歩8分
料金
もちフィナンシェ=180円(1個)/

珈琲茶房 善哉

心なごむ和風カフェ

創業天保3(1832)年の和菓子の老舗。富山スイーツに認定された「なんと!ん米ロール」というロールケーキが近年の人気商品。店舗横に「木型館」もある。

珈琲茶房 善哉

珈琲茶房 善哉

住所
富山県南砺市城端175田村萬盛堂 2階
交通
JR城端線城端駅から徒歩10分
料金
恋結びぜんざい=680円(コーヒー付はプラス200円)/なんと!ん米ロール(ハニー・竹炭・豆乳)各種=173円/

桜ヶ池クアガーデン

温泉セラピーと地元食材の和食とイタリア料理を堪能

小高い丘の上にある瀟洒なホテル。ここでは健康の三大要素である運動・栄養・休養をベースに、温泉とナチュラルセラピーが楽しめる。コースで味わうイタリア料理も評判だ。

桜ヶ池クアガーデン

桜ヶ池クアガーデン

住所
富山県南砺市立野原東1514
交通
JR城端線城端駅からタクシーで10分(城端駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=12420~30240円/外来入浴(6:00~22:00、2月に不定休あり)=620円~/外来入浴食事付(10:00~16:00、12:00~18:00、2月に不定休あり、個室利用、要予約)=5400円~/

じょうはな織館

レトロな洋館で織物に触れる

城端の伝統産業の絹織物や機文化に親しめる施設。気軽に手織り体験が楽しめる。ギャラリー、ショップ、カフェも併設。スタッフが手織りしたオリジナル小物を購入できる。

じょうはな織館

じょうはな織館

住所
富山県南砺市城端648-1
交通
JR城端線城端駅から徒歩12分
料金
入館料=無料/絹手織体験料(約30分)=1100円~/(体験コースは織機や時間の違い等で7コースあり)

おすすめスポットをもっと見る

福光・城端のおすすめの記事

【富山】女子力高めの人気おすすめ宿をチェック!

富山の宿の魅力は温泉、海の幸、絶景だけじゃない!エステやヘルシーメニューがうれしい薬膳など女子力をUPさせるプラスワンの宿がたくさんあります。心も身体もリフレッシュできる宿を紹介します。

富山【城端】美しい伝統が生き続ける文化の街!

越中の小京都とも呼ばれる古い町並みが残る城端。伝統ある城端絹や、300年以上続く曳山祭りなどこの地で代々受け継がれてきた歴史を見ることができる。

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください