トップ > 全国 > 東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 郡上・長良川 > 美濃

美濃

美濃の概要、観光・旅行情報

美濃の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで美濃をご紹介します。

  • スポット:28 件
  • 記事:1 件

うだつの上がる市街地の街並みが印象的な美濃和紙の産地

千三百年の伝統を誇る美濃和紙の産地として有名なところ。美濃和紙はさまざまな用途があるが、薄くて丈夫な特徴を活かして提灯やうちわ、和傘などの材料とされた。現在は照明器具のフードとしての人気が高い。市街地には江戸時代の立派なうだつの上がる商家や住宅が残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。上有知湊(こうずちみなと)は長良川沿いにある川湊で、高さ9メートルの住吉型川湊灯台が残っている。

美濃のおすすめスポット

旧今井家住宅・美濃史料館

和紙産業で財を成した商家を公開

「うだつ」のある家として美濃市を代表する商家のひとつで、現在は市の史料館として一般開放している。中庭には環境省より「日本の音風景百選」に認定された水琴窟がある。

旧今井家住宅・美濃史料館

旧今井家住宅・美濃史料館

住所
岐阜県美濃市泉町1883
交通
長良川鉄道美濃市駅から徒歩15分
料金
入館料=300円/美濃和紙あかりアート館との2館共通券=400円/美濃和紙あかりアート館と美濃和紙の里会館の3館共通券=800円/(20名以上は団体割引あり、大人250円、美濃市内在住で70歳以上の方、障がい者本人と同伴者1名無料)

美濃あかり館 彩

和紙の照明が並ぶ店内は、ほっと気持ちが和む

雑貨から本格的な照明器具まで幅広い和紙照明がそろう。和紙作りから組み立てまで自社で行なうため、好みの和紙が選べる(ペンダント、フロアスタンドに限る)。

美濃あかり館 彩

美濃あかり館 彩

住所
岐阜県美濃市加治屋町1962-1
交通
長良川鉄道美濃市駅から徒歩10分
料金
情報なし

美濃和紙の里会館

伝統的な紙漉き体験に挑戦

1300年の伝統を持つ美濃和紙の歴史や技術を紹介する施設。常設展示室ではユネスコ無形文化遺産登録の3紙(本美濃紙、石川半紙、細川紙)の紹介や、和紙を取り入れた暮らしの提案などの展示がされる。紙漉すき体験で、職人が使う簀桁で本格的な和紙作りに挑戦できる。

美濃和紙の里会館

美濃和紙の里会館

住所
岐阜県美濃市蕨生1851-3
交通
東海北陸自動車道美濃ICから国道156号、県道81号を洞戸方面へ車で12km
料金
入館料=大人500円、小・中学生250円/旧今井家住宅・美濃史料館と美濃和紙あかりアート館の3館共通券=800円/紙すき体験(1回)=500円~/(団体20名以上は入館料大人450円、小・中学生200円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

美濃和紙あかりアート館

秋の夜の風物詩を再現

毎年10月に開催される美濃和紙あかりアート展。館内では、これまでの受賞作品が展示され、あかりアート展の雰囲気が楽しめるギャラリーや美濃和紙の商品を扱うショップがある。

美濃和紙あかりアート館

美濃和紙あかりアート館

住所
岐阜県美濃市本住町1901-3
交通
長良川鉄道美濃市駅から徒歩15分
料金
入館料=200円/旧今井家住宅・美濃史料館との2館共通券=400円/旧今井家住宅・美濃資料館と美濃和紙の里会館との3館共通券=800円/(団体20名以上は割引あり、大人150円、市内在住の70歳以上、障がい者と同伴者は無料)

Patisserie Abeille.S

厳選素材を使うパティスリー

北海道産小麦粉、乳製品、種子島産粗糖、非遺伝子組換え飼料で育った鶏の卵など全てにおいて吟味した素材を使用。安心して食べられるケーキ、焼き菓子が並ぶ。

Patisserie Abeille.S

Patisserie Abeille.S

住所
岐阜県美濃市相生町2248
交通
長良川鉄道美濃市駅から徒歩10分
料金
美濃うだつロール=453円/リズモンブラン=540円/タルトフレーズ=486円/

おすすめスポットをもっと見る

美濃のおすすめの記事

【美濃】レトロタウンのおすすめスポットをチェック!

千三百年の歴史を誇る美濃和紙で知られる町。江戸時代の商家が残るうだつの上がる町並みは、古民家を改築したショップやカフェ、資料館などが軒を連ね賑わっている。

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください