トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 吉野・十津川 > 吉野

吉野

吉野の概要、観光・旅行情報

吉野の観光・旅行はこれでOK。おすすめのスポットやガイド記事などで吉野をご案内します。

吉野の概要、観光・旅行情報

  • スポット:80 件
  • 記事:5 件

山全体が世界遺産に登録。歴史の舞台にもなった桜の名所

桜の名所として名高い吉野山は、大峰連山の北端に続く尾根で、山全体が世界遺産に登録されている。古くから信仰の対象であったが、役小角が金峯山寺(きんぷせんじ)を開き、修験道の総本山となった。しばしば歴史の舞台にもなり、壬申の乱の前に天武天皇が妃(のちの持統天皇)と都を逃れて過ごしたことや、源頼朝から追われた義経と弁慶がここで静御前と別れたこと、後醍醐天皇により南朝が置かれたことなど枚挙にいとまがない。現在も山上を中心に歴史を伝える史跡や寺社が数多く残る。

吉野のおすすめスポット

金峯山寺

威容を誇る修験道の総本山

修験道の根本道場で、吉野山の中心的存在。7世紀末に役小角(=役行者)が開いた金峯山に、蔵王権現の姿を山桜に刻み、堂を建てて祀ったのが蔵王堂だと伝わる。参道には銅の鳥居や仁王門がそびえ立ち、見る者を圧倒する。寺の手前にある銅の鳥居(発心門)は大峯奥駈道の入口。

金峯山寺

金峯山寺

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩10分
料金
蔵王堂拝観=大人500円、小学生300円、中・高校生400円/特別拝観時=大人1000円、小学生600円、中・高校生800円/(障がい者手帳持参で本人半額、介護が必要な場合のみ同伴者1名半額)

吉水神社

南朝の歴史を秘めた古社

修験宗の格式高い僧坊のひとつ。明治初期の神仏分離令で神社となった。源義経と静御前が身を隠したというエピソードが残る。「後醍醐天皇玉座の間」「義経潜居の間」「豊臣秀吉花見の本陣」などがあり、幾度も歴史の舞台となってきた。

吉水神社

吉水神社

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山579
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩20分
料金
拝観料=大人400円、中・高校生300円、小学生200円/(20名以上の団体は1割引)

金峯神社

奥千本に建つ修験道の修行の場

吉野山の地主神を祀り、奥千本に建つ。中世以降は修験道の修行の場となった。境内左手の坂道を下ると、源義経が弁慶らとともに追手から身を隠した「義経隠れ塔」がある。

金峯神社

金峯神社

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山1651
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅で吉野大峯ケーブル自動車奥千本口行きバスに乗り換えて20分、奥千本口下車、徒歩8分
料金
義経隠れ塔(説明付)=大人300円、小人150円/

吉野山

優しく染まる日本一の桜

桜の名所として名高い吉野山。谷や尾根を埋める桜は清楚な白い山桜で、3万本ともいわれる。シーズンにはひと目千本の壮観さだ。秋の紅葉、冬の雪景色も美しい。

吉野山

吉野山

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車すぐ
料金
情報なし

金輪王寺・吉野朝皇居跡

かつて南朝の皇居が置かれた

南北朝時代、吉水院に逃れた後醍醐天皇が実城寺を皇居とし、金輪王寺と改める。南朝没落後は衰退、明治時代には廃寺となり、現在は皇居公園として整備されている。

金輪王寺・吉野朝皇居跡

金輪王寺・吉野朝皇居跡

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩15分
料金
情報なし

おすすめスポットをもっと見る

吉野のおすすめの記事

【吉野名物】柿の葉寿司の名店をチェック!

柿の葉で包んで押した一口大の寿司は、そもそも、鯖寿司のみ。言い伝えには、和歌山の熊野灘で獲れた夏鯖を塩でしめ、漁師が峠越えして売りに出たところ吉野川沿いの村々の夏祭りと重なり、寿司ネタに。以来、祭りの...

【吉野桜紀行】世界遺産!優しく染まる日本一の桜!

桜は古代から続く吉野山のシンボル。ふもとの下千本から山奥へと開花し、長期間にわたって花見が楽しめる。

【吉野】で人気!おすすめの観光スポット

山全体が世界遺産になっている吉野山には、修験道の寺をはじめ、歴史ある神社仏閣が数多く残っている。四季折々の美しい山の風景に見事に溶けこむ荘厳な建物は一見の価値あるものばかり。

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください