トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 吉備路・高梁・吹屋 > 吉備路・足守

吉備路・足守

吉備路・足守の概要、観光・旅行情報

吉備路・足守の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで吉備路・足守をご紹介します。

吉備路・足守の概要、観光・旅行情報

  • スポット:56 件

田園のなかの史跡に古代の歴史ロマンを感じる桃太郎伝説の里

古代は『吉備国』と呼ばれる地方国家があったといわれ、のどかな田園風景の中に神社や古墳などの史跡が数多く残るエリア。「吉備路風土記の丘」には「こうもり塚古墳」や「作山古墳」などの古墳や、吉備路のシンボル的存在の五重塔がある「備中国分寺」などが集まる。「吉備津神社」は桃太郎のモデルとされる吉備津彦命(きびつひこのみこと)と、成敗された鬼のモデルである温羅(うら)を祀る。その温羅の居城といわれる山城が「鬼ノ城」だ。足守は足守藩の城下町。繁栄を今に伝える武家屋敷や町家などが各所に残り、美しい街並みを形成している。

吉備路・足守のおすすめスポット

吉備津神社

桃太郎ゆかりの神事でパワーを授かる

備中国の一の宮。「桃太郎」のモデルとされる吉備津彦命と、吉備津彦に成敗された温羅を祀り、矢立の神事、鳴釡神事など伝説に基づく神事や史跡が残される。国宝の本殿や拝殿、鳴釡神事が行なわれる御竈殿、約400mもの長い廻廊をはじめ、見どころが多い。

吉備津神社

吉備津神社

住所
岡山県岡山市北区吉備津931
交通
JR吉備線吉備津駅から徒歩10分
料金
桃守り=700円/桃太郎絵馬=700円/祈祷初穂料=3000円~/

鬼ノ城

鬼のモデルとなる温羅の居城

温羅伝説に登場する、約30haもある広大な古代山城跡。角楼や西門が復元されているが、いまだ謎に包まれている。城壁に沿って遊歩道が整備され、眺めは抜群。

鬼ノ城

鬼ノ城

住所
岡山県総社市黒尾、奥坂
交通
JR伯備線総社駅からタクシーで25分、鬼城山ビジターセンターから徒歩10分
料金
見学料=無料/展示ガイド=500円/携帯ストラップ=500円/

吉備津彦神社

別名「朝日の宮」日本一の大きさを誇る大石燈籠は圧巻

備前国の一宮。大吉備津彦命を祀る。夏至の日の朝日が御社殿内の御鏡に差し込むよう社殿が建てられていることから、別名「朝日の宮」とも呼ばれている。高さ11.5メートル・笠石8畳の大石燈籠は、日本一の大きさといわれている。

吉備津彦神社

吉備津彦神社

住所
岡山県岡山市北区一宮1043
交通
JR吉備線備前一宮駅から徒歩5分
料金
八方除守=800円/水琴鈴守り=800円/縁結び守り(赤・白)2体1組=1000円/

最上稲荷

最上尊と諸天王を祀る77の末社

寺でありながら鳥居や神宮形式の本殿を持つ「神仏習合」の形態を残す。五穀豊穣、商売繁盛、開運などの徳を持つ「最上位経王大菩薩」を本尊とし、77の末社にさまざまな神が祀られる県内屈指の初詣スポット。

最上稲荷

最上稲荷

住所
岡山県岡山市北区高松稲荷712
交通
JR吉備線備中高松駅からタクシーで10分
料金
良縁みくじ(あぶらとり紙付)=200円/七色開運厄除守(ストラップ)=700円/縁むすび守=600円/

宝福寺

雪舟の逸話で知られる

平安時代の創建で、本格的な七堂伽藍を備えた由緒ある禅寺。雪舟が少年時代に修行した寺として有名。境内には重要文化財の三重塔や重層入母屋造りの仏殿などが残る。

宝福寺

宝福寺

住所
岡山県総社市井尻野1968
交通
JR伯備線総社駅からタクシーで5分
料金
情報なし

おすすめスポットをもっと見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください