トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 宗像・津屋崎

宗像・津屋崎

宗像・津屋崎の概要、観光・旅行情報

宗像・津屋崎の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで宗像・津屋崎をご紹介します。

  • スポット:64 件
  • 記事:2 件

世界遺産の神社と玄界灘に面した県下有数の海水浴場

玄界灘に面した白砂の美しい海岸線が続き、「さつき松原」や「福間海岸」などの景勝地がある。世界遺産に登録された宗像(むなかた)大社は、玄界灘の孤島・沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、田島の辺津(へつ)宮の3つの宮の総称。それぞれ道の神を祀っており、古くから海陸交通を守護してきた交通安全の神様として知られている。津屋崎海水浴場は、およそ1.4キロメートルの砂浜と遠浅の海が広がる福岡県下有数の海水浴場で、シーズンには多くの人が訪れる。

宗像・津屋崎のおすすめスポット

宗像大社辺津宮

緑に囲まれた神苑に社や史跡が点在

宗像市内を流れる釣川のそばに鎮座する総社。およそ10万平方メートルの広大な神苑に、本殿、儀式殿、祈願殿、神宝館などがあり、一年を通して多くの参拝者でにぎわう。本殿の横には御神木で、樹齢550年のナラの木が立つ。平成29(2017)年に世界文化遺産に登録。

宗像大社辺津宮

宗像大社辺津宮

住所
福岡県宗像市田島2331
交通
JR鹿児島本線東郷駅から西鉄バス神湊行きで15分、宗像大社前下車すぐ
料金
神宝館拝観料=大人800円、高・大学生500円、小・中学生400円/

宮地嶽神社

シンボルの大注連縄がひときわ目を引く

商売繁昌・何事にも打ち勝つ開運の神として全国に知られ、年間250万人以上の参拝者が訪れる。長さ11m、直径2.6m、重さ3トンの大注連縄は注目。

宮地嶽神社

宮地嶽神社

住所
福岡県福津市宮司元町7-1
交通
JR鹿児島本線福間駅から西鉄バス津屋崎橋行きで6分、宮地嶽神社前下車すぐ
料金
祈願料=5000円~/家祓=30000円~/地鎮祭=35000円~/結婚式=100000円~/

宗像大社 沖津宮遙拝所

海をへだてて沖津宮に向かって拝む

宗像大社中津宮が鎮座する大島の北側にある、九州本土から49km離れた立ち入り禁止の沖ノ島にある沖津宮を拝するため、18世紀ころに設けられた遙拝所。拝殿の裏手からは、晴れた日は玄界灘に浮かぶ沖ノ島を望むことができる。平成29(2017)年に世界文化遺産に登録。

宗像大社 沖津宮遙拝所

住所
福岡県宗像市大島1293
交通
大島港から徒歩20分
料金
情報なし

道の駅 むなかた

玄界灘の海の幸、宗像の山の幸をおみやげに

観光物産館やレストランなどがある道の駅。レストランでは、鯛をはじめその日にとれた魚を使った「玄海茶漬け」の人気が高い。風光明媚なさつき松原のそばにある。

道の駅 むなかた

道の駅 むなかた

住所
福岡県宗像市江口1172
交通
九州自動車道若宮ICから県道9号・30号・92号・69号、国道495号をさつき松原方面へ車で19km
料金
玄海茶漬けセット=830円/

海の道むなかた館

宗像の歴史や自然を楽しく学べる

世界文化遺産の「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を紹介し、宗像の魅力を内外に発信する施設。各種展示のほか、土・日曜、祝日には勾玉作りや火おこし、古銭鋳造、土笛づくりなどの歴史体験学習を行っている。

海の道むなかた館

海の道むなかた館

住所
福岡県宗像市深田588
交通
JR鹿児島本線東郷駅から西鉄バス宗像大社経由神湊波止場行きまたは光陽台六丁目行きで20分、宗像大社前下車すぐ
料金
入館料=無料/体験学習=100円~/(特別体験学習は別料金)

おすすめスポットをもっと見る

宗像・津屋崎のおすすめの記事

ガイドブック編集者が本気で選んだ!福岡のおすすめ観光スポット&もつ鍋ランキング10

全国的な人気を誇るもつ鍋をはじめ、辛子明太子、博多ラーメン、鉄鍋ぎょうざなど名物グルメがめじろ押しの福岡。太宰府天満宮など見ごたえのあるスポットも数多く、食べてよし、遊んでよしのエリアです。今回は、福...

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください