トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 三島村

三島村

三島村のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した三島村のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。大海原を望む名物の露天風呂「東温泉」、俊寛の居住地跡に建つ庵「俊寛堂」、島のシンボル硫黄岳を望む公園「恋人岬公園」など情報満載。

  • スポット:11 件

1~20 件を表示 / 全 11 件

三島村の魅力・見どころ

薩摩半島の南に浮かび、活火山や平家ゆかりの名所がある

三島村は、薩摩半島の南方約40キロメートルに位置する竹島・硫黄島(鬼界ヶ島)・黒島の3島で主に形成される。中心の硫黄島は噴煙がたなびく活火山の硫黄岳があり、麓には大海原を望む秘湯「東温泉」など、温泉が大量に湧出している。平家落人伝説が残り、安徳天皇や僧・俊寛にまつわる史跡や旧跡が多い。竹島はその名の通り、竹に覆われた起伏の少ない平坦な島で、竹の子が島の特産品。黒島は櫓岳を最高峰に500メートル級の山々がそびえる三島最大の島で、椎茸が特産品。

東温泉

大海原を望む名物の露天風呂

硫黄岳を背景に、隠すものもなく大海原を眼前に露天の温泉に入ることができる。温泉は日帰りで入浴できるが、硫黄島に来島するには1泊しなくてはならない秘境の温泉。PHが1.6と国内でも有数の酸性を誇り、長時間入浴すると肌がヒリヒリしてくる。

東温泉

東温泉

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
鹿児島本港から村営定期船「フェリーみしま」で約3時間55分、港から徒歩45分
料金
無料

俊寛堂

俊寛の居住地跡に建つ庵

人里離れた竹林内にひっそりと建つ、俊寛を祀る庵。37歳でその生涯を終えた平安時代後期の真言宗の僧がここに住んでいたといわれる。

俊寛堂

俊寛堂

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港から徒歩30分
料金
情報なし

恋人岬公園

島のシンボル硫黄岳を望む公園

訪れたカップルは結ばれるといわれる岬先端の公園。島内最高峰の硫黄岳が望め、噴煙を上げる姿が確認できる。天候に恵まれれば、海の向こうに屋久島や種子島の島影が見える。

恋人岬公園

恋人岬公園

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港から徒歩50分
料金
情報なし

安徳天皇墓所

安徳帝が眠ると伝わる地

元暦2(1185)年に壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家は、幼い安徳天皇を連れて逃げ、硫黄島にたどり着いたと伝わる。島内にはその歴史を物語る安徳天皇の墓所が立つ。

安徳天皇墓所
安徳天皇墓所

安徳天皇墓所

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港から徒歩10分
料金
情報なし

熊野神社

俊寛らが京を思って創建

平家討伐の陰謀がもれ、京を追放された俊寛、藤原成経、平康頼らが都に思いをはせ、紀州の熊野三所権現を模して建てたのがはじまりといわれる。「八朔踊り」は有名。旧暦8月1日から2日間、熊野神社に奉納される「硫黄島八朔太鼓踊り」に登場する仮面神「メンドン」は国の重要無形民俗文化財。

熊野神社

熊野神社

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港から徒歩5分
料金
情報なし

竹島

美しく豊かな海が釣りやダイビングに人気

三島村の3つの島のなかで九州本土にもっとも近く、九州本土最南端の佐多岬から南西28kmに浮かぶ島。その名の通り島全体がリュウキュウチク(大名竹)で被われている。

竹島

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村竹島
交通
鹿児島本港から三島村営定期船片泊行きで3時間、竹島港下船
料金
情報なし

坂本温泉

海水浴気分で楽しむ海辺の湯

硫黄島の北側にある海を仕切って造られた露天風呂。仕切りの一部が開いていて、満潮時には海水が流入し、干潮時とは温度が変わる。湯加減をみはからって入浴したい。

坂本温泉

坂本温泉

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港から車で20分(島内バス、タクシーなし)
料金
無料

俊寛像

島に残された俊寛の姿

赦免で迎えにきた船に乗れず、島に残された俊寛の絶望を体現した像。建立は平成7(1995)年。除幕式に招かれた中村勘九郎(当時)が、のちに目前の砂浜で歌舞伎「俊寛」を上演した。

俊寛像

俊寛像

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港からすぐ
料金
情報なし

硫黄島のヤブツバキ

島を彩る真紅のツバキ

硫黄島港周辺の集落は、冬から春にかけてヤブツバキのまっ赤な花びらで彩られる。島内の三島物産振興会では、ツバキを使った椿油やシャンプーなどを販売している。

硫黄島のヤブツバキ

硫黄島のヤブツバキ

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
交通
硫黄島港からすぐ
料金
情報なし

黒島

緑深い森林と豊かな漁場を持つ自然に恵まれた島

三島村ではもっとも大きく、九州本土からいちばん遠い場所に浮かぶ島。山深く険しい山々が黒く見えることからこの名が付いた。大里と片泊の2つの集落がある。宿は4軒ある。

黒島

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村黒島
交通
鹿児島本港から三島村営定期船片泊行きで5時間20分、大里港下船
料金
情報なし

みしまジャンベスクール

ジャンベのリズムがこだまする

西アフリカの伝統打楽器ジャンベを本格的に習える施設。面の叩き方によって異なる音色を操りながらリズムを奏でていく。夏にはワークショップも開催される。

みしまジャンベスクール

住所
鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島218
交通
硫黄島港から徒歩5分
料金
体験料=1000円~/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください