トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > 渡名喜島

渡名喜島

渡名喜島の概要、観光・旅行情報

渡名喜島の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:2 件
  • 記事:1 件

伝建地区にも選ばれた赤瓦屋根の家々と白砂の道が美しい

那覇の北西約60キロメートルに位置する島。那覇泊港からは久米島行のフェリーが経由する。島内には沖縄本島ではほとんど見られなくなった赤瓦屋根の家が建ち並び、石垣と防風のためのフクギ並木が縁どるたたずまいが、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。「渡名喜里遺跡」は小高い丘にあるグスク時代(10~14世紀)の遺跡。島全体が眺められるほか、久米島や沖縄本島も望める。

渡名喜島の観光まとめ記事

那覇から慶良間諸島(座間味島、渡嘉敷島、阿嘉島)への行き方!シュノーケリングスポットも紹介

沖縄県の慶良間諸島(けらましょとう)は、座間味島(ざまみじま)や阿嘉島(あかじま)、渡嘉敷島(とかしきじま)を含む、沖縄諸島に含まれる島々です。那覇市からは直線距離で約40km。那覇泊港からもフェリー...

渡名喜島のおすすめスポット

渡名喜里遺跡

沖縄本島や久米島を望むことのできる、小高い丘に建つ遺跡

東集落の北、標高80mの小高い丘にあるグスク時代(10~14世紀)の遺跡。東方海上の遥かかなたに沖縄本島、西方海上に久米島を望むことができる景勝地。

渡名喜里遺跡

渡名喜里遺跡

住所
沖縄県島尻郡渡名喜村富田
交通
泊港からフェリー琉球で1時間45分、渡名喜港下船、徒歩20分
料金
情報なし

渡名喜島伝統的建造物群保存地区

赤瓦屋根とフクギに囲まれて

沖縄本島では少なくなってしまった赤瓦屋根の家がなお建ち並び、石垣と防風のためのフクギ並木が独特の景観を生み出している。映画やドラマのロケ地にもなっている。

渡名喜島伝統的建造物群保存地区

住所
沖縄県島尻郡渡名喜村
交通
渡名喜港から徒歩3分

おすすめスポットをもっと見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください