「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  東海・北陸のおすすめ花火大会

東海・北陸のおすすめ花火大会

熊野大花火大会(三重県)

熊野大花火大会(三重県)

「鬼ヶ城大仕掛け」は音と光の衝撃が会場を震撼させる

300年もの伝統を誇る花火大会。お盆の初精霊供養が起源とされ、現在でも初精霊供養の打上げ花火がプログラムに組み込まれている。見どころはまず「三尺玉海上自爆」。沖合400mのイカダに三尺玉を仕掛けてそのまま爆発させるもので、海面に直径600mの美しい半円が広がる。また、走っている2隻の船から花火玉を次々と海に投げ入れる「海上自爆」では、全速力で走る船を追いかけるように花火が開いていくのでスリルも満点だ。フィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」は、鬼ヶ城の岩場に花火玉を置いてそのまま爆発させるという豪快なもの。爆発音が岩場で共鳴し、その爆風と轟音は会場中を震撼させる。

花火INFO

開催日・時間

■開催日
2018年8月17日
■時間
19:10~21:30
■荒天の場合
荒天および波が高い場合は、8月18日・22日・27日・28日のいずれかに順延(当日6:00に決定)

打ち上げ数

約1万発

昨年の人出

約14万人

有料席

あり
・1マス席(5名、180×180cm)10000円
・半マス席(2名、180×90cm)6000円

》このスポットの詳細を見る

 

第33回川北まつり北國大花火川北大会(石川県)

第33回川北まつり北國大花火川北大会(石川県)

まつりのクライマックスはスターマインの連続打上げ

1986(昭和61)年から始まった「手取の火まつり(川北まつり)」。まつりのクライマックスを飾る花火大会は4部構成で、2万発の打上げは北陸最大級の規模だ。スターマイン5基の連続打上げ、スクランブルスターマイン(斜め打ち)などで夜空は極彩色に染め上げられる。様々な種類の協賛者観覧席(いす席、ペアシート、シートなど)も用意されているので事前申し込みがおすすめ。

開催日・時間

■開催日
2018年8月4日
■時間
20:10~21:30(予定)
■荒天の場合翌日に順延

打ち上げ数

2万発

昨年の人出

非公表

有料席

あり
協賛者観覧席あり(詳細未定)

》このスポットの詳細を見る

 

第69回とうろう流しと大花火大会(福井県)

第69回とうろう流しと大花火大会(福井県)

幻想的なとうろうが海上を、花火が夜空を美しく彩る

クロマツ、アカマツの老木が見事な枝ぶりを見せる名勝「気比の松原」。三保の松原・虹の松原と並ぶ「日本三大松原」の一つで、奈良時代に一夜にしてできたという伝説があり、「一夜の松原」とも呼ばれている。その美しい海岸線は、1928(昭和3)年に国の名勝に指定。若狭湾国定公園、越前加賀海岸国定公園に含まれている。この地の恒例行事が1950(昭和25)年に始まった「とうろう流しと大花火大会」。僧侶の読経のなか、赤・青・黄の3色のとうろう約6000個が松原海岸に流され、水上花火やスターマインなどの花火が夜空にきらめく。

花火INFO

開催日・時間

■開催日
2018年8月16日
■時間
19:30~20:30(とうろう流しは18:30~)
■荒天の場合
小雨決行、荒天時は中止

打ち上げ数

1万3000発

昨年の人出

19万人

有料席

あり
(ホテルとセットプランあり、詳細は敦賀観光協会まで要問合せ)

》このスポットの詳細を見る

 

※掲載の内容は2018年4月中旬から6月下旬にかけて調査・取材をおこなった情報です。
変更される場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×