トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 福岡県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

福岡県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

2022年の福岡県のおすすめの初詣スポットをご紹介します。参拝時間やアクセス、例年の人出などから、お好みの初詣スポットを探すことができます。写真や駐車場などその他情報も盛りだくさん。

福岡県

筥崎宮

平安時代の雅を今に伝える玄界灘に面した八幡宮

延長元(923)年、醍醐天皇が国家鎮護のために建立したといわれ、宇佐、石清水と並んで日本三大八幡宮のひとつに数えられる。御祭神は応神天皇(八幡大神)と、その母である神功皇后、海の神様である玉依姫命の三柱。参道沿いには花庭園があり、正月には冬ぼたんが公開される。わらで作った雪囲いの中でひそやかに花開く冬ぼたんは、華やかな姿とはまた違った風情を楽しめる。

所在地
福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
例年の人出
約50万人
行事
2022年1月1日 御神酒授与
福岡県

十日恵比須神社

「えびす様」と「だいこく様」に商売繁昌を祈願する

御祭神は事代主神(えびす様)と大国主神(だいこく様)。商売繁昌・家内安全・開運招福にご利益があることで知られている。毎年1月8日から11日までは「正月大祭」が行われ、期間中の参拝者は約100万人といわれる。令和4(2022)年の正月大祭は名物の「福引き」が中止となるが、違う体制で縁起物の授与を予定している。また、この年に限り元旦から1月末日まで授与する期間の延長が決定している。

所在地
福岡県福岡市博多区東公園7-1
例年の人出
約1000人(「正月大祭」期間は約100万人)
行事
2022年1月8日~11日 正月大祭(中止行事あり)
福岡県

愛宕神社

日本三大愛宕の一つで、福岡の守護社

福岡市西区に位置する愛宕山頂に古来より鎮座する福岡最古の神社。縁結び・厄除開運・商売繁盛・家内安全・受験合格・学業成就・安産成就・交通安全・病気回復・無病息災・円満解決等すべての願い事を叶え、禁酒・禁煙などのあらゆる禁断の神として広く崇敬を集めてきた。「神社一の初日の出」として有名で、元日には「初詣縁起大行列」ができ、三が日は例年約70万人の人出でにぎわう。また、玄界灘などが一望に見渡せる名勝地やパワースポットとしても知られ、福岡の観光名所として、多くの参拝者や観光客が訪れる。

所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1
例年の人出
約70万人
行事
2021年12月31日 23:00 除夜祭、2022年1月1日 3:00 元旦祭、2022年1月24日 正月大祭
福岡県

高良大社

家族の厄除開運と延命長寿を祈るなら、やっぱりここばい高良さん

高良玉垂命が主祭神で、厄ばらいと長寿のご利益で名高い。高良山信仰はこの地方独特で、地域に多い玉垂宮の本宮はこちら。まさにこの土地ならではの神様だ。古くから延喜式内名社大社・筑後一ノ宮・正一位と常に地域筆頭の格式を誇り、現社殿は国の重文、神籠石は国の史跡に指定される。高良山は仕事始めからの企業参拝も多く、一ノ宮の高良大社で筑後随一の景色をながめ、新年が先行き明るく見通せる良き一年となるよう祈りたい。(行事等は変更・中止の場合あり)

所在地
福岡県久留米市御井町1
例年の人出
約13万人
行事
2022年1月1日 0:00 神火祭、7:00 歳旦祭
福岡県

宗像大社

道の神様として古代より信仰されてきた日本最古の神社の一つ

宗像大社とは、玄海灘に浮かぶ孤島、沖ノ島にある沖津宮、大島にある中津宮、本土にある辺津宮の総称。天照大神の御子神である宗像三女神が降臨した海域は大和朝廷にとって朝鮮半島や中国大陸に近く、貿易や文化交流の玄関口として重要な場所であった。宗像三宮では、皇室安泰、国家繁栄を祈る国家祭祀が大和朝廷により行われた。沖ノ島からは約8万点におよぶ神宝が出土し、そのすべてが国宝。正月には多くの初詣客でにぎわう。また、大漁旗をたなびかせた漁船120隻がパレードする秋の「みあれ祭」も有名。

所在地
福岡県宗像市田島2331
例年の人出
約10万人
行事
2022年1月1日 9:00 歳旦祭、2022年1月3日 9:00 元始祭、2022年1月10日 11:00 恵比寿祭
福岡県

太宰府天満宮

菅原道真公の御墓所であり、受験生の聖地

学問の神様として崇められている全国の天満宮の総本宮といわれる。天然記念物の樟の大樹に守られた御本殿は天正19(1591)年に造られたもので、華麗な桃山様式を伝える。道真公を慕って京から一夜にして飛んできたと伝えられる飛梅は、境内に6000本ある梅に先がけて1月初旬ごろにつぼみがほころびはじめる。三が日の参拝者数は200万人以上にのぼり、正月4日には宮大工の仕事始めの儀式「斧始祭」、7日には木彫りのうそ鳥を交換し合う「鷽替え」、その夜には煙と炎に包まれる勇壮な「鬼すべ」の神事が行われる。

所在地
福岡県太宰府市宰府4-7-1
例年の人出
200万人以上
行事
2022年1月4日 9:30 斧始祭、2022年1月7日 18:00 鷽替え神事、19:00頃 鬼すべ神事
福岡県

宮地嶽神社

西日本有数の参詣者数を誇る、金成・商売繁昌・開運の神

息長足比売命(神功皇后)が大陸に渡る前に津屋崎へ立ち寄り、宮地岳の頂に祭壇を設け、祈願したのが起源。大注連縄のある拝殿、七福神社、稲荷神社と進んでいくと、全国でも最大級の横穴式石室古墳のある不動神社へ達する。この石室からは馬具、瑠璃玉などが発見され、20点が国宝に指定されている。また、境内では桜、藤、菖蒲など四季を通して花が楽しめる。平成22(2010)年に葺き替えられた黄金に輝く御本殿は圧巻。

所在地
福岡県福津市宮司元町7-1
例年の人出
約200万人(例年)
行事
2022年1月1日 0:00 歳旦祭(一番祈祷祭)、2022年1月8日 玉替祭、2022年1月9日 開運宮座祭