トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 香川県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

香川県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

2022年の香川県のおすすめの初詣スポットをご紹介します。参拝時間やアクセス、例年の人出などから、お好みの初詣スポットを探すことができます。写真や駐車場などその他情報も盛りだくさん。

香川県

八栗寺

霊峰五剣山を間近に望む四国霊場第85番札所

天長6(829)年、弘法大師の開基。本尊は聖観世音菩薩。屋島の対岸にそびえる五剣山の中腹にある。弘法大師がこの山で修行をしたとき、五本の剣が天から降り、山の鎮守蔵王権現が現れ御神託を蒙り、五剣を山の中嶽に埋めて鎮護としたので、五剣山と名づけられた。山頂からは八ヶ国を望むことができ、八国寺と呼ばれていたが、入唐求法の効果を占うため植えた八つの焼き栗が成長繁茂したので、八栗寺と名前を改めたという。境内には商売繁盛・縁結び・学業成就の霊験あらたかな「お聖天さま」が祀られ、正月は多くの初詣客が訪れる。

所在地
香川県高松市牟礼町牟礼3416
例年の人出
約7万人
行事
2022年1月1日~3日 本堂・多宝塔開扉(多宝塔御本尊祈願)
香川県

善通寺

真言宗の開祖、弘法大師(空海)御誕生の聖地

宝亀5(774)年、讃岐の豪族の家に生まれた空海が真言宗を開いて以来、約1200年の歴史を刻む。境内は東西に分かれていて、金堂、五重塔がある東院を「伽藍」、御影堂などが建つ西院を「誕生院」と呼ぶ。御影堂の地下には、真っ暗闇の中を進みながら精神修養を行い、重ねた罪を取り払う「戒壇めぐり」がある。また、国宝の「金銅錫杖頭」、「一字一仏法華経序品」など多くの宝物を所蔵する。裏にそびえる香色山には四国霊場を模した“ミニ88ヶ所”があり気軽にお参りできる。

所在地
香川県善通寺市善通寺町3-3-1
例年の人出
約23万人
行事
2022年1月1日 0:00~1:00 修正会、2022年1月1日~3日 0:00~17:00(1日)、6:00~17:00(2日・3日) 特別護摩祈祷(御影堂に護摩壇を設け護摩祈祷を行う)
香川県

金刀比羅宮

庶民の信仰に支えられてきた讃岐のこんぴらさんは海の守護神

御祭神は大物主神(おおものぬしのかみ)で、崇徳天皇も合祀されている。本宮は象頭山の中腹に鎮座していて讃岐平野が一望できる。表書院前庭の鞠懸(まりがかり=鞠場)で行われる優雅な蹴鞠(けまり)の神事もよく知られている。「こんぴら船々追風(おいて)に帆かけてシュラシュシュシュ」の唄でおなじみのこんぴら参りは、お伊勢参りと並ぶかつての庶民の夢だった。急な石段を登り、大門をくぐったら、名物の「加美代飴」を売る飴屋をのぞいてみたい。

所在地
香川県仲多度郡琴平町892-1
例年の人出
約50万人