おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > ここがおすすめ!桜の名所・お花見スポット特集【2019年版】 > 埼玉県のおすすめの桜の名所・お花見スポット【2019年版】 > 石戸蒲ザクラ

石戸蒲ザクラ
(イシトカバザクラ)

歴史を刻む、由緒ある古木の桜

東光寺の境内にある、国の天然記念物に指定された樹齢およそ800年の銘木で、「日本五大桜」の一つにあげられる。源頼朝の異母弟、「蒲冠者」と呼ばれた源範頼の伝説にちなみ「蒲ザクラ」の名がついたといわれる。かつて根元の周りに建っていた板石塔婆群は境内の収蔵庫に保管されている。

所在地
埼玉県石戸宿3-119 東光寺
例年の見頃
2019年4月上旬~2019年4月中旬
桜の品種・本数
1本(カバザクラ)
イベント
2019年4月6日・7日 板石塔婆収蔵庫の公開、2019年4月6日・7日 さくらまつり(高尾さくら公園にて)
例年の人出
約3万5000人
トイレ数
1ヶ所
アクセス(公共交通機関)
JR高崎線北本駅から川越観光バス石戸蒲ザクラ入口行きで16分、終点下車、徒歩3分、または北里大学メディカルセンター行きで15分、終点下車、徒歩5分
アクセス(自動車)
圏央道桶川北本ICから車ですぐ
駐車場
120台(花見期間中はかなり渋滞するため公共交通機関の利用が望ましい)

大きな地図で場所を見る

×