トップ > 全国のおすすめ紅葉スポット【2020年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載 > 群馬県のおすすめの紅葉スポット【2020年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載 > 尾瀬ヶ原(群馬県側)

オゼガハラグンマケンガワ

尾瀬ヶ原(群馬県側)

湿原を覆うカラフルな草紅葉を眺めながら散策する

日本一の高層湿原である尾瀬ヶ原は、群馬・新潟・福島の3県にまたがっているが、その大部分は群馬県に含まれる。春のミズバショウが有名だが、じゅうたんを取り替えたように赤茶に色づく草紅葉、ナナカマドやツタウルシの鮮やかさも実に見事。春とは異なるしっとりした落ち着いた風情は、ゆっくりと散策して楽しみたい。

所在地
群馬県利根郡片品村戸倉
見頃時期
2020年9月中旬~2020年10月中旬
アクセス(自動車)
関越自動車道沼田ICから国道120号・401号を経由し、県道63号を鳩待峠方面へ車で45km(津奈木~鳩待峠はマイカー規制あり)
アクセス(公共交通機関)
JR上越線沼田駅から関越交通バス大清水・鳩待峠行バス連絡所行きで1時間20分、鳩待峠行バス連絡所で鳩待峠行き乗合バス・乗合タクシーに乗り換えて30分、終点下車、徒歩1時間(尾瀬ヶ原・山の鼻)
駐車場
1080台(マイカー規制中は鳩待峠駐車場利用不可)
ライトアップ
夜間鑑賞不可
紅葉の色
黄・赤混在
樹種
様々な樹種が混在
電話番号
0278-58-2112(片品村むらづくり観光課)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。