トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 群馬県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 一之宮貫前神社

イチノミヤヌキサキジンジャ

一之宮貫前神社

上野国の一の宮。社殿を見下ろしながら進む参道が珍しい

約1500年の歴史を持ち、総門から石段を下ったところにある極彩色の社殿は徳川家光の命によって建てられたもの。本殿内部は2階建てになっていて階上に神座があり、屋根下の妻にある雷神を描いた小窓も珍しい。本殿裏にある「藤太杉」は樹齢1200年で、藤原秀郷が平将門討伐の際に勝利を願って奉納したといわれるものだ。また、カエルに似たサルノコシカケが現れた古木もあり、「無事かえる」と交通安全を祈る人が絶えない。正月には、弓で的を射て農業用水の多少を占う水的神事が行われる。

所在地
群馬県富岡市一ノ宮1535
例年の人出
約8万人
行事
2022年1月3日 水的神事
アクセス(自動車)
上信越自動車道富岡ICから県道198号を経由し、国道254号を一ノ宮方面へ車で4km
アクセス(公共交通機関)
上信電鉄上州一ノ宮駅から徒歩15分
電話番号
0274-62-2009(一之宮貫前神社)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。