トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 甲信越のおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 諏訪大社下社秋宮

スワタイシャシモシャアキミヤ

諏訪大社下社秋宮

「御柱祭」で全国的に知られる信濃國一之宮

旧中山道と甲州街道の分岐点に鎮座するお宮。下社は春宮と秋宮があり、秋宮には鳥居をくぐると樹齢700年から800年といわれる「根入の杉」がある。拝殿は、安永10(1781)年に完成した。日本一大きい青銅製の狛犬や注連縄があり、宝物殿には国指定重要文化財の売神祝印のほか、多くの貴重な宝物や資料が収められている。神事としては、申と寅の年に行われる「御柱祭」が有名。元日には歳旦祭が執り行われ、お正月も大いににぎわう。令和4(2022)年は正月三が日を避けた分散参拝に協力を。

所在地
長野県諏訪郡下諏訪町上久保5828
例年の人出
約14万6000人
行事
2022年1月1日 4:00 歳旦祭、2022年1月3日 14:00 元始祭
アクセス(自動車)
長野自動車道岡谷ICから国道20号を経由し、国道142号を諏訪大社方面へ車で5km
アクセス(公共交通機関)
JR中央本線下諏訪駅から徒歩10分
駐車場
200台
電話番号
0266-27-8035(諏訪大社下社秋宮)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。