トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 兵庫県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > おのころ島神社

オノコロジマジンジャ

おのころ島神社

日本の神々誕生の聖地といわれる丘に建つ

「古事記」「日本書紀」によれば、「おのころ島」は伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)が天の浮橋に立ち、天の沼矛を持って海原をかき回し、その矛よりしたたる潮が、おのずと凝り固まって島となったといわれる。「おのころ島神社」は、この国生みの聖地と伝えられる島の丘に建ち、「国生み」の二神を祀る。良縁堅固・夫婦和合・安産・健康長寿などのご利益があるといわれている。正月三が日には、お神酒や福豆が授与される。

所在地
兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
例年の人出
約5万人
行事
2022年1月1日 0:00 歳旦祭、2022年1月1日~3日 お神酒や福豆の授与
アクセス(自動車)
神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから県道31号・477号を経由し、一般道を掃守方面へ車で5km(西川の信号を左折、突き当たりを右折)
アクセス(公共交通機関)
JR神戸線三ノ宮駅から神姫バス福良行きで1時間10分、榎列下車、徒歩10分
駐車場
100台
電話番号
0799-42-5320(おのころ島神社)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。