トップ >  全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 和歌山県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 紀三井寺

キミイデラ

紀三井寺

西国三十三所第二番札所、奈良時代に創建された古刹

光仁天皇の宝亀元(770)年、強い伝教の志をもち、唐(中国)から到来した唐僧・為光上人によって開基された。寺名は境内に湧出する三つの井戸に由来。御本尊の十一面観世音菩薩は厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご利益があるとされ、毎月18日の縁日には多くの人でにぎわう。本堂正面の仏殿では、木造立像として日本最大の大千手十一面観音像が公開されている。近畿地方に春を呼ぶ寺であり、早咲きの桜の名所。境内から和歌の浦をはじめ淡路島・四国も望む。

所在地
和歌山県和歌山市紀三井寺1201
例年の人出
約11万人
アクセス(自動車)
阪和自動車道和歌山ICから国道24号・県道145号・138号を経由し、県道135号を黒江方面へ車で5km
アクセス(公共交通機関)
JR紀勢本線(きのくに線)紀三井寺駅から徒歩10分
料金
参拝料大人200円・小中学生及び70歳以上は100円※除夜~1月3日は無料
駐車場
30台
電話番号
073-444-1002(紀三井寺)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。