トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 中国エリアのおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 大神山神社奥宮

オオガミヤマジンジャオクノミヤ

大神山神社奥宮

古代より続く大山信仰の中心として知られてきた神社

大神山神社は大山山腹の奥宮と、山麓の本社の2社にわかれていて、初詣には家内安全・勝運祈願を望んで訪れる人が多い。奥宮の御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)。大己貴神は、数々のご神徳を持ち、とくに国土開拓・医薬療法・五穀豊穣・牛馬畜産・邪気退散の神として知られている。国指定重要文化財の奥宮内部は、天井画が極彩色に装飾され、柱等の金色も日本最大級の白檀塗り。標高約1000mにあり、正月は積雪50cmから100cmが予想される。

所在地
鳥取県西伯郡大山町大山1
行事
2022年1月1日 0:00 元旦祭
アクセス(自動車)
米子自動車道溝口ICから県道45号を大山方面へ車で10km
アクセス(公共交通機関)
JR山陰本線米子駅から日本交通バス大山寺行きで54分、終点下車、徒歩20分
駐車場
20台
電話番号
0859-52-2507(大神山神社奥宮)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。