トップ >  全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 中国エリアのおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 熊野大社(島根県)

クマノタイシャシマネケン

熊野大社(島根県)

神話の国、出雲の農耕と火の神さま

日本の国を造った伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の御子で、大蛇ヤマタノオロチの退治伝説で知られる素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀る。熊野大社は別名を日本火出初社といい、10月15日には出雲大社の宮司が熊野大社を訪れて、古伝新嘗祭で使う神聖な火をおこすための臼と杵を受け取る儀式、鑽火祭(さんかさい)が行われる。このとき、亀太夫が応対して、出雲大社から持参した餅の色が黒い、形が悪いなどと難癖をつけるのが慣わしになっている。新年には歴史ある境内が多くの初詣客でにぎわう。

所在地
島根県松江市八雲町熊野2451
例年の人出
約8万人
行事
2022年1月1日 6:00 歳旦祭(年初の祈祷)、2022年1月2日 8:30 舞初祭
アクセス(自動車)
山陰道東出雲ICから県道53号を大東方面へ車で10km
アクセス(公共交通機関)
JR山陰本線松江駅から一畑バス八雲行きで22分、終点で八雲コミュニティバス熊野行きに乗り換えて16分、熊野大社前下車すぐ
駐車場
150台
電話番号
0852-54-0087(熊野大社)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。