トップ >  全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 中国エリアのおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 遠石八幡宮

トイシハチマングウ

遠石八幡宮

1300年前に創建された歴史ある八幡宮

推古天皇30(622)年に大分の宇佐八幡宮から分霊したといわれ、和銅元(708)年に社殿を造営した。周防の国の大社として大いににぎわい、かつて門前は旧山陽道、その先は白浜で、各地より参詣があった。境内にある大きな釣り鐘(洪鐘)は、源平合戦の際に流れ矢が当たり損壊し、5年の歳月をかけて鋳造修理されたものだという。秋季例祭で鉢巻姿の赤ちゃんに神輿の下をくぐらせて健やかな成長を願う儀式、「赤子参り」が有名。

所在地
山口県周南市遠石2-3-1
例年の人出
約20万人
行事
2021年12月31日~2022年1月3日 開運福みくじ
アクセス(自動車)
山陽自動車道徳山東ICから国道2号を周南緑地方面へ車で2km
アクセス(公共交通機関)
JR山陽新幹線徳山駅から防長交通バス緑ヶ丘循環行きで10分、遠石八幡前下車すぐ
駐車場
100台(1月1日~3日は臨時駐車場あり)
電話番号
0834-32-8888(遠石八幡宮)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。