トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 四国のおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 金刀比羅宮

コトヒラグウ

金刀比羅宮

庶民の信仰に支えられてきた讃岐のこんぴらさんは海の守護神

御祭神は大物主神(おおものぬしのかみ)で、崇徳天皇も合祀されている。本宮は象頭山の中腹に鎮座していて讃岐平野が一望できる。表書院前庭の鞠懸(まりがかり=鞠場)で行われる優雅な蹴鞠(けまり)の神事もよく知られている。「こんぴら船々追風(おいて)に帆かけてシュラシュシュシュ」の唄でおなじみのこんぴら参りは、お伊勢参りと並ぶかつての庶民の夢だった。急な石段を登り、大門をくぐったら、名物の「加美代飴」を売る飴屋をのぞいてみたい。

所在地
香川県仲多度郡琴平町892-1
例年の人出
約50万人
アクセス(公共交通機関)
JR土讃線琴平駅から徒歩20分(参道入口)
駐車場
0台
電話番号
0877-75-2121(金刀比羅宮)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。