トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 九州のおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 祐徳稲荷神社

ユウトクイナリジンジャ

祐徳稲荷神社

運と福を授ける日本三大稲荷の一つ

貞享4(1687)年、肥前鹿島藩主・鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社。日本三大稲荷の一つにも数えられる。商売繁盛・家運繁栄・交通安全など様々な祈願を託されている。「祐徳さん」として親しまれ年間を通じて多くの参拝者が訪れるが、特に正月は初詣の人波が絶えない。御本社には衣食住を司る倉稲魂大神、技芸上達や福徳円満の神である大宮売大神、交通安全の神である猿田彦大神が祀られ、篤く信仰されている。

所在地
佐賀県鹿島市古枝乙1855
例年の人出
約70万人
アクセス(自動車)
長崎自動車道武雄北方ICから国道34号・498号・207号を経由し、県道282号を太良町方面へ車で20km
アクセス(公共交通機関)
JR長崎本線肥前鹿島駅から祐徳バス祐徳神社方面行きで15分、祐徳神社前下車、徒歩5分
駐車場
3000台
電話番号
0954-62-2151(祐徳稲荷神社)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。