トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 九州のおすすめの初詣スポット【2022版】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 宮崎神宮

ミヤザキジングウ

宮崎神宮

神武天皇とその両親をお祀りし、宮崎の宮跡地とされる場所に建つ

御祭神は神武天皇とその父母である鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)と玉依姫命(たまよりひめのみこと)の三柱。神武天皇は45歳まで宮崎におられたがご東遷され、奈良で第一代の天皇に即位された。東神苑にある樹齢400年以上ともいわれるフジの老木は、根回り2.9mもあり日本最大級。俗にオオシラフジと呼ばれ、天然記念物に指定されている。有名な秋の大祭「神武さま」は県下最大規模を誇る。周囲は広大な神宮の森に囲まれ、博物館などの施設が集まる。三が日は約25万人が訪れる。

所在地
宮崎県宮崎市神宮2-4-1
例年の人出
約25万人
アクセス(自動車)
東九州自動車道宮崎西ICから国道10号を宮崎神宮方面へ車で10km
アクセス(公共交通機関)
JR日豊本線宮崎神宮駅から徒歩10分
参拝時間
開門時間1月1日0:00~
駐車場
300台(ほかに1000台あり)
電話番号
0985-27-4004(宮崎神宮)

大きな地図で場所を見る
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。