トップページ > まるたまスクエア

マルタマスクエア

まるたまスクエア

手作りのクラフト雑貨を販売

ロシア雑貨の販売と手作りのピロシキが人気のまるたま小屋の姉妹店。道南在住のクラフト作家による羊毛雑貨や木工品、エゾシカ革小物を販売。音楽や食に関するイベントも開催している。

住所
北海道函館市元町2-9(大きな地図で場所を見る)
電話
0138-76-1379
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
時期により異なる
休業日
不定休
料金
がまぐちHorai=4860円(中)、3780円(小)/ひつじ(中)=300円~(1個)/
ID
1017657
エリア
全国 | 北海道 | 札幌・函館・旭川 | 函館・道南 | 函館・大沼 | 元町・函館山
テーマ
ショッピング・おみやげ | 雑貨 | 雑貨・フラワーショップ
エリア × テーマ
全国 x 雑貨・フラワーショップ | 北海道 x 雑貨・フラワーショップ | 札幌・函館・旭川 x 雑貨・フラワーショップ | 函館・道南 x 雑貨・フラワーショップ | 函館・大沼 x 雑貨・フラワーショップ | 元町・函館山 x 雑貨・フラワーショップ
エリア
全国 | 北海道 | 札幌・函館・旭川 | 函館・道南 | 函館・大沼 | 元町・函館山
テーマ
ショッピング・おみやげ | 雑貨 | 雑貨・フラワーショップ
エリア × テーマ
全国 x 雑貨・フラワーショップ | 北海道 x 雑貨・フラワーショップ | 札幌・函館・旭川 x 雑貨・フラワーショップ | 函館・道南 x 雑貨・フラワーショップ | 函館・大沼 x 雑貨・フラワーショップ | 元町・函館山 x 雑貨・フラワーショップ

同じエリアに関連する記事

函館グルメ【スイーツ】人気店のできたて甘味を食べに行こう!

函館周辺は卵や牛乳などお菓子作りに欠かせない食材が豊富。伝統の和菓子からオシャレな洋菓子まで厳選素材が使われたスイーツを食べに行こう!

函館【ベイエリア・十字街】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

旅情あふれる港町ならではの体験を貿易港として、幕末から世界への扉が開かれていたベイエリア。異国情緒漂う赤レンガ倉庫群の周辺には、ショッピングゾーンのほかレストランなどの飲食店も多く、モダンな港町ならで...

【函館】元町レトロさんぽ♪教会&倉庫群をめぐる

函館を代表する観光エリア・元町は、異国情緒漂う街並みが魅力。この元町での観光は、教会や洋館などの建物ウォッチングがメイン。各建物の歴史を学んでから、その建築物を見るとさらにおもしろい。

函館【元町】必食グルメ!洋食、和食の人気店をチェック!

元町には北海道でもいち早く根付いた洋食文化を脈々と受け継いでいる洋食店や、手の込んだごちそうを提供する高級店も多い。実力派から個性派まで、数ある名店の中から好みの味を探してみよう。

函館【レトロカフェ&レストラン】雰囲気もメニューも素敵!

元町やベイエリアには味のある古民家を利用した飲食店が数多くある。港町ならではの雰囲気とおすすめメニューを堪能しよう。

函館必食グルメ!【塩ラーメン】シンプルだけど奥深い味!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。シンプルな一杯だけに、店ごとのこだわりがストレートに表現される。

函館市電の終着駅【函館どつく】周辺おすすめスポット!

元町の西端は昔からの住宅が残る閑静なエリア。海を見渡せる高台には、故国に帰れぬまま亡くなった外国人たちがひっそりと眠っている。

函館【元町】坂のまち散歩♪洋館エリアめぐり!

当時の町会所や領事館、豪商の邸宅などが、今もそのままの姿で残っている。港を一望する絶景も楽しみながら散策しよう。

【函館山】100万ドルの夜景の楽しみ方!完全ガイド!

津軽海峡に突き出す格好で函館市街を見下ろす標高334mの函館山。薄暮の蒼いグラデーションや、晴れた日は津軽海峡や下北半島まで見渡せる昼の景色も素晴らしい。時間帯でまったく異なる表情を楽しめるのが函館山...

×